Research press release

オゾンを降下させる

Nature Geoscience

Driving down ozone

21世紀の気候変動は大気循環に変化をもたらし、上層大気から下層大気へとオゾン流入を増加させ、地球表面へ到達する紫外線放射量を変化させることを報告する研究が、Nature Geoscience(電子版)に発表される。

M HegglinとT Stepherdは、計算機モデルを用いて、大気上層におけるオゾン循環パターンに気候変動が与える影響を検証した。彼らは、気候変動は、上層大気から下層大気へと輸送されるオゾン量が増加させ、上層大気におけるオゾン分布を変化させることを示した。後者の変化は、2095年までに、南半球高緯度で春季と夏季に到達する紫外線放射量を20%増加させ、北半球高緯度で到達する紫外線放射量を9%減少させる。

関連するNews & ViewsでD Stevensonは、「気候変動はオゾン分布と地球のUV収支に重大な結果をもたらしうる」と述べている。

Twenty-first-century climate change will alter atmospheric circulation, increasing the flux of ozone from the upper to the lower atmosphere, and changing the amount of ultraviolet radiation reaching the Earth's surface, according to a study published online in Nature Geoscience.

Michaela Hegglin and Theodore Shepherd used a computer model to examine the impact of climate change on circulation patterns of ozone in the upper atmosphere. They show that climate change will increase the transport of ozone from the upper to the lower atmosphere, and shift the distribution of ozone in the upper atmosphere. The latter change will result in a 20% increase in the amount of ultraviolet radiation reaching the southern high latitudes during spring and summer, and a 9% decrease in ultraviolet radiation reaching the northern high latitudes, by 2095.

In an accompanying News & Views, David Stevenson writes "climate change could have significant consequences for the distribution of ozone and Earth's UV budget".

doi: 10.1038/ngeo604

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度