Research press release

海面上昇予測に対する独立した支持

Nature Geoscience

Independent support for sea-level rise projections

過去の海面高度変化に基づいた新しいモデルは、温度の上昇に対する応答として21世紀末までに海面高度は7~82 cm上昇することを示している。この見積もりは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第四次評価の予測と一致している。

M Siddallらは、過去2万2,000年間に起きた全球の平均温度変動に対する海面高度の応答に基づいた海面高度モデルを開発した。この手法は、IPCC報告書で用いられたより複雑なモデルを用いたものとは非常に異なっているが、予想される1~6℃の温暖化に応答して、IPCCの最新報告書では18~59 cmの間の値を与えており、共に同じような値の海面高度上昇に収束している。この独立したモデル化によってIPCCの見積もりの信頼性が増す結果となっている。

A new model based on past sea-level changes suggests that sea level will rise between 7 and 82 cm by the end of the twenty-first century in response to rising temperatures. This estimate, published online in Nature Geoscience, is in line with projections from the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC).

Mark Siddall and colleagues developed a sea-level model that is based on the sea-level response to global average temperature changes that occurred over the past 22,000 years. This approach is very different from the more complex models used for the IPCC reports, but both converge on similar values of sea-level rise ― the IPCC's latest report gave values between 18 and 59 cm ― in response to the projected 1 to 6?C warming. This independent modelling effort therefore increases confidence in the IPCC estimates.

doi: 10.1038/ngeo587

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度