Research press release

海洋循環の低速化によるニューヨークの海水面上昇

Nature Geoscience

New York sea level to rise owing to slowing ocean circulation

米国北東岸沿い、特にニューヨーク近傍の地域的な海水面は、21世紀の間に全球の海水面上昇の約2倍の速度で上昇する、とNature Geoscience(電子版)に報告される。この特定の地域における海水面上昇は、最新の気候モデルの見積もりによれば、北大西洋海洋循環が遅くなることが原因である。

J Yinらは、さまざまな温室効果ガス放出のシナリオに基づいた一連の全球気候モデルから得られた気候予測を解析した。彼らは、北大西洋の海水面は、予測される子午面循環速度の低下に適合することを発見した。彼らのモデル予測は、2100年までのニューヨークにおける海水面上昇のうちの15~23 cmが北大西洋循環の変化が原因であるとしており、一方、この地域における海水面上昇の総量は36~51 cmである。

この研究は米国北東岸が海洋循環変動による将来の海水面変化の影響をもっとも受けやすい地域の1つであることを示している。

Regional sea level along the northeastern coast of the United States, particularly near New York, is expected to rise almost twice as fast as global sea levels during the twenty-first century, according to a study online in Nature Geoscience. The rising waters in this particular region are attributed to a slowing of the North Atlantic Ocean circulation, as estimated by a range of state-of-the-art climate models.

Jianjun Yin and colleagues analysed climate projections from a set of global climate models under a variety of greenhouse-gas emission scenarios. They find that sea levels in the North Atlantic Ocean adjust to the projected slowing of the meridional overturning circulation. Their model projection attributes 15?23 cm of the rise in New York sea level by the year 2100 to changes in the North Atlantic Ocean circulation, compared with 36?51 cm of total sea-level rise in this location.

This work suggests that the northeast coast of the US is among the regions most vulnerable to future changes in sea level through variations in ocean circulation.

doi: 10.1038/ngeo462

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度