Research press release

農業が汚染源

Nature Geoscience

Farming pollutants

Nature Geoscience(電子版)に発表される研究によれば、北半球におけるアンモニアの放出は過小評価されているとのことである。大気中のアンモニアは空気の質を低下させ、堆積して生物多様性を脅かす。この研究の発見は、北半球のアンモニア放出を統制管理する必要性を強調している。

2008年の人工衛星データを用いて、L Clarisseたちは、大気中アンモニア濃度の全球分布図を作製した。彼らは、いくつかのアンモニア濃度の高い地点を見つけており、それは主にアジア、ヨーロッパ、および北米の農業地帯である。人工衛星により得られたアンモニア濃度の見積もりは、北半球ではモデルシミュレーションで得られたものより大きく、現在の見積もりが実際の放出を過小評価していることを示唆している。

Ammonia emissions may have been underestimated in the Northern Hemisphere, according to a study published online in Nature Geoscience. Ammonia in the atmosphere reduces air quality and when deposited threatens biodiversity. This study's findings highlight the need for regulatory controls of ammonia emissions in the Northern Hemisphere.

Using satellite data from 2008, Lieven Clarisse and colleagues created a global map of atmospheric ammonia concentrations. They found several ammonia hotspots, primarily over agricultural regions in Asia, Europe, and North America. The satellite-derived estimates of ammonia concentrations exceeded those attained from model simulations in the northern hemisphere, suggesting that current accounts underestimate emissions.

doi: 10.1038/ngeo551

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度