Research press release

熱帯降雨変動

Nature Geoscience

Tropical rainfall change

熱帯における将来の降雨変動の大部分は地表の温暖化とは独立に起きるということを報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、大気中から二酸化炭素を取り除くこと無しに地球温暖化を低減しようと試みている地球工学的計画は、熱帯における降雨変動を減少させることは出来ないことを示している。

Sandrine Bonyたちは、気候モデルシミュレーションを用いて、大気中の二酸化炭素濃度上昇を軽減しなかった場合の21世紀にわたる熱帯の降雨と大気循環に与える影響を評価した。彼らは、地域的な降雨変動の多くは地表の温暖化とは関係がないことを見つけた。その代わりに、二酸化炭素濃度の上昇により引き起こされる大気上下運動の変化が、熱帯降雨変動の大部分の原因となっていることが分かった。

A significant fraction of future rainfall change in the tropics will occur independently of surface warming, reports a paper published online in Nature Geoscience this week. The findings suggest that geoengineering schemes aimed at reducing global warming without removing carbon dioxide from the atmosphere would fail to fully mitigate rainfall change in the tropics.

Sandrine Bony and colleagues used climate model simulations to assess the impact of an unmitigated rise in atmospheric carbon dioxide concentrations on rainfall and atmospheric circulation in the tropics over the twenty-first century. They find that much of the regional rainfall change was unrelated to surface warming. Instead, a shift in atmospheric vertical motions, induced by a rise in carbon dioxide concentrations, was responsible for much of the change in tropical rainfall.

doi: 10.1038/ngeo1799

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度