Research press release

ベスタの激しい爆撃

Nature Geoscience

Intense bombardment of Vesta

小惑星ベスタからきた隕石は、約40億年前に内部太陽系が小惑星によって激しい爆撃を受けた記録を含んでいると報告が今週掲載される。この研究は、ベスタに対する異常に活発な衝突は、その当時異常に多い大型の小惑星を地球と月に衝突する軌道へ送り込んだものと同じ重力擾乱により引き起こされたことを示唆している。

Simone Marchiたちは、ベスタから古代に衝突でリセットされた隕石の証拠を検証し、シミュレーションを用いて岩石のリセットに十分な熱を生成するために必要な衝突の性質を決定した。彼らは、小惑星帯の物体間で普通にみられる衝突よりもかなり大きい速度で衝突が起きたに違いないことを見つけた。彼らは、内部太陽系の天体への爆撃はベスタに衝突する物体を小惑星帯にはあまり残さなかったが、小惑星はより高速度の衝突を経験したことを示唆している。

Meteorites from the asteroid Vesta contain a record of an intense bombardment of the inner Solar System by asteroids about 4 billion years ago, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The research suggests that unusually energetic impacts on Vesta were caused by the same gravitational disturbance that put unusually numerous large asteroids on a collision course with the Earth and Moon at that time.

Simone Marchi and colleagues examined evidence of ancient impact-reset meteorites from Vesta, and used simulations to determine the properties of the impacts required to generate sufficient heat to reset the rocks. They found that the impacts must have occurred at much higher velocities than usually seen in collisions between objects in the asteroid belt. They suggest that although bombardment of inner Solar System bodies left fewer objects in the asteroid belt to strike Vesta, the asteroid experienced more high-velocity impacts.

doi: 10.1038/ngeo1769

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度