Research press release

有機物が海洋栄養物損失を補っている

Nature Geoscience

Organic matter fuels oceanic nutrient loss

海洋の窒素損失は低酸素の沿岸水中で有機物が沈降することと強く関連していると、今週オンライン版に発表された研究が報告している。この発見は、表面での生産性が全球海洋からの生物学的に利用可能な窒素損失を調節していることを示唆している。

Marcel Kuypersたちは窒素交代速度と南アメリカ沿岸の低酸素水中の損失とを評価した。彼らは、海洋表層から大量の有機物が沈降しているきわめて生産性の高い沿岸水で窒素損失速度のピークが生じていることを見つけた。研究者等は、この有機物沈降が海洋窒素損失の原因となる微生物に栄養を与えていると示唆している。

関連するNews & Viewsの記事でBo Thamdrupは、彼らが「有機物輸送は南太平洋の酸素極小帯東部における窒素損失の重要な原因となっていることを示した」と述べている。

Marine nitrogen loss is strongly tied to the sinking of organic matter in low-oxygen coastal waters, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that surface productivity regulates the loss of biologically usable nitrogen from the global ocean.

Marcel Kuypers and colleagues assessed rates of nitrogen turnover and loss in the low-oxygen waters off the coast of South America. They found that rates of nitrogen loss peaked in the highly productive coastal waters, where large quantities of organic matter sink from the surface ocean. The researchers suggest that this sinking organic matter fuels the microbes responsible formarine nitrogen loss.

In an accompanying News and Views article, Bo Thamdrup states that they “show that organic matter export is a significant driver of nitrogen loss in the eastern South Pacific oxygen minimum zone.”

doi: 10.1038/ngeo1739

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度