Research press release

アルプスの湖での津波による破壊

Nature Geoscience

Tsunami destruction in an Alpine lake

西暦563年にレマン湖で起きた大規模な津波は、アルプス山脈の落石事件と関連があり、湖周辺でかなりの破壊をもたらしたと、今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された通信が報告している。著者たち等は、レマン湖岸の人口密度が高い地域(潜在的には他の湖でも)は将来の津波で危険にさらされる可能性があると示唆している。

Katrina Kremer等はレマン湖の最深部を探査し、地震波反射断面と堆積物コアを採取した。彼らは、明瞭なレンズ状の堆積物層を同定し、西暦563年に起きたという記述がある落石事件と時期が関連していることを示した。落石は、ジュネーブから70キロメートル離れたローヌ川三角州近傍の山で起きた。研究者等は、落石は三角州の一部を崩壊させ、津波の引き金となったことを示唆している。数値シミュレーションによると、高さ8メートルの津波が落石発生後70分でジュネーブに達したとのことである。

A large tsunami in Lake Geneva in AD 563 was linked to a rockfall event in the Alps and caused considerable destruction around the lake, reports a Correspondence published online this week in Nature Geoscience. The authors suggest that the densely populated shore of Lake Geneva - and potentially of other lakes - may be at risk of future tsunamis.

Katrina Kremer and colleagues surveyed the deepest part of Lake Geneva, taking seismic reflection profiles and sediment cores. They identified a distinct lens-shaped sediment deposit, which they link in time to a documented rockfall event in AD 563. The rockfall occurred in the mountains near the Rhone delta, 70 kilometres from Geneva. The researchers suggest that the rockfall caused part of the delta to collapse, triggering the tsunami. According to numerical simulations, an 8-metre-high wave would have reached Geneva within 70 minutes of the rockfall.

doi: 10.1038/ngeo1618

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度