Research press release

人間が起こした地震

Nature Geoscience

Man-made quake

昨年起きたマグニチュード5.1のロルカ地震は9人の死者を出し、ロルカの町で多くの建物に被害を与えた。Pablo Gonzalez等は人工衛星データを用いてロルカ地震により引き起こされた地殻変動を解析し断層すべりをモデル化した。彼らは、断層のすべり分布は、地下水のくみ上げの結果として1960年代から自然の地下水水位が250m下がったことにより引き起こされた地球の地殻内における応力変化と相関があることを見つけた。この相関は、人間が引き起こした応力変化がロルカ地震を引き起こす原因となり、断層破壊の広がり、すなわち地震のマグニチュードに影響を及ぼしたことを意味する。

関連するNews and Viewsの記事でJean-Philippe Avouacは「人間が引き起こした応力摂動には十分注意を払う必要がある。地震をどのようにして起こすかは分かっているが、それを制御下に置くことが出来るようになるにはまだほど遠い」と述べている。

Groundwater extraction triggered the 11 May 2011 Lorca earthquake in southern Spain, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. The study highlights the influence of human-induced perturbations to the Earth’s crust on seismic activity.

Last year’s magnitude 5.1 Lorca earthquake killed nine people and seriously damaged numerous buildings in the town of Lorca. Pablo Gonzalez and colleagues use satellite data to analyse the ground deformation caused by the Lorca earthquake and model the fault slip. They find that the pattern of fault slip correlates with stress changes in the Earth’s crust caused by a 250 m drop in the natural groundwater level since the 1960s as a result of groundwater extraction. The correlation implies that human-induced stress changes helped to trigger the Lorca earthquake and also influenced the extent of fault rupture, and hence the magnitude of the quake.

In an accompanying News and Views article, Jean-Philippe Avouac says that “we should remain cautious of human-induced stress perturbations […]. We know how to start earthquakes, but we are still far from being able to keep them under control.”

doi: 10.1038/ngeo1610

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度