Research press release

ヨーロッパの夏に対する大西洋の影響

Nature Geoscience

Atlantic influence on European summers

1990年代にヨーロッパの気候が北部では穏やかで湿潤な夏季へ、南部では暑く乾燥した夏季へと変化したことは、北大西洋水温の振動の高温な段階と関連があると、今週号のNature Geoscience(オンライン版)に発表された研究が報告している。北大西洋水温が低温の段階に戻るまでは、このパターンが継続すると思われる。

Rowan SuttonとBuwen Dongは観測から得られた気候データを分析し、北大西洋水温とヨーロッパの気候との間の関連性を調べた。彼らは、1990年代にヨーロッパの気候が夏には顕著に、また春と秋にはそれほど顕著ではなく変化したことを発見した。この変化は北大西洋のかなりの温暖化と一致しており、既に見つかっている大西洋水温の十年振動のパターンと関係がある。著者等は、気候が海洋温暖化に応答して変化したことを示唆している。これまでの変化に基づくと、この振動が低温の段階へ戻ることは急激に起き、ヨーロッパの気候パターンに急速な変化をもたらす可能性がある。

A shift in European climate in the 1990s to mild, wet summers in the north and hot, dry summers in the south is linked to the warming phase of an oscillation in North Atlantic Ocean temperatures, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Until North Atlantic ocean temperatures swing back towards a cooler phase, this pattern is likely to persist.

Rowan Sutton and Buwen Dong analysed climate data derived from observations to investigate links between North Atlantic Ocean temperatures and European climate. They find that in the 1990s, European climate shifted considerably in the summer and, less clearly, in the spring and autumn. This shift coincided with substantial warming of the North Atlantic ocean, associated with a documented pattern of multi-decadal oscillations in Atlantic Ocean temperature. The authors suggest that the climate shifted in response to ocean warming. Based on an earlier transition, a return to the cool phase of this oscillation could be sudden, and might lead to a fast change in European climate patterns.

doi: 10.1038/ngeo1595

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度