Research press release

貧血性の土壌

Nature Geoscience

Anaemic soils

窒素の堆積量が増加することは、鉄が溶けやすくなり植物の生長が抑制されて、土壌の酸性化を有毒なレベルにまで高める、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。

工業と農業に関連した人工的な窒素の堆積が長期間にわたり継続したことで、スロバキアの西タトラ山地における土壌の酸性度が高くなった。W Bowmanらは、その地域の窒素量が増加したことが高山帯にある草原地帯の土壌へ溶解した鉄が流れ込むことの引き金になったことを明らかにしている。このような鉄の流出は、鉱山から酸性鉱物が流出した後の土壌にみられる条件と類似した極度の土壌酸性化を示唆している。

この結果に基づいて著者らは、過去50年間におけるヨーロッパと北米における高濃度の窒素堆積物によって、多くの土壌が新たな酸性化の状況におかれており、カルシウムやアルミニウムではなく、むしろ鉄が障害になりうると警告している。

Increasing levels of nitrogen deposition will push soils to a toxic level of acidification in which iron becomes more soluble, and plant growth is reduced, according to a study published online in Nature Geoscience.

A long history of human-influenced nitrogen deposition associated with industry and agriculture has left soils in the western Tatra Mountains of Slovakia highly acidic. William Bowman and colleagues reveal that increasing the nitrogen load in the region triggers the release of soluble iron into alpine grassland soils. This iron release is indicative of extreme soil acidification, analogous to conditions seen in soils after acid mine drainage.

On the basis of these results, the authors warn that high levels of nitrogen deposition in Europe and North America over the past half century may have rendered many soils susceptible to a new stage of acidification where iron, rather than calcium or aluminum, is the main buffer.

doi: 10.1038/ngeo339

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度