Research press release

海洋における進化

Nature Geoscience

Evolution in the oceans

世界中で最も重要な独立海洋石灰化生物である円石藻は、海洋酸性化条件に応答して進化できる可能性があると今週号のNature Geoscience onlineに発表された論文が報告している。

大気中の二酸化炭素を海洋が取り込むことによる世界の海洋の酸性化は、海洋石灰化生物に深刻な害を与える可能性がある。これまで、海洋生物に対する酸性化の影響を見る研究は、個体の寿命以内での生理学的応答に注目しており、進化の可能性はほとんど無視してきた。一連の室内実験により、Thorsten Reuschらは円石藻の集団を二酸化炭素濃度を高めた状態に曝して、約500無性世代後の個体の海洋酸性化条件における適応性を評価した。海洋酸性化条件下ではすべての集団が生存状態が悪化したが、二酸化炭素濃度を上昇させた条件で選択された集団は、管理された条件下の集団と比べて成長速度が増大し、部分的に石灰沈着物が回復した。

研究者らは、同時に起きる進化が地球変動に直面したときに海洋微生物の機能を維持することを助ける可能性があると示唆している。

The world’s single most important marine calcifying organism, Emiliania huxleyi, may be able to evolve in response to ocean acidification conditions, reports a paper published online in Nature Geoscience this week.

The acidification of the world’s oceans, due to oceanic uptake of atmospheric carbon dioxide, could seriously impair marine calcifying organisms. Until now, studies looking at the effects of acidification on marine organisms have focused on physiological responses within the lifetime of individuals, and have largely ignored the potential for evolution. In a series of laboratory experiments, Thorsten Reusch and colleagues exposed populations of E. huxleyi to elevated concentrations of carbon dioxide, and around 500 asexual generations later they assessed their fitness under ocean acidification conditions. Although all populations fared worse when under ocean acidification conditions, they found that populations selected under elevated carbon dioxide conditions exhibited higher growth rates and a partial restoration of calcification, compared with populations kept under control conditions.

The researchers suggest that contemporary evolution could help to maintain marine microbial function in the face of global change.

doi: 10.1038/ngeo1441

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度