Research press release

窒素と気候

Nature Geoscience

Nitrogen and climate

陸上生態系に窒素が付加されることが気候にもたらす利点は、窒素酸化物放出が増加することによる相殺であるとの報告が寄せられている。反応性窒素の陸上生態系への付加は、1860年以降人間活動の結果として2倍以上に増加している。

S Zaehleたちは陸上生物圏モデルを用いて、人類起源の窒素が陸上生態系に付加されることの気候への影響について検証した。研究チームは、窒素の入力は1996年から2005年の間に陸上生態系により封鎖された炭素のおよそ5分の1を説明でき、最近の数十年における全球的な窒素酸化物放出増加の大部分を説明できることを示している。彼らは、窒素が原因となった炭素封鎖による放射強制力の減少は窒素酸化物の放出により相殺されると結論している。

The climatic benefits of nitrogen additions to terrestrial ecosystems are offset by increased nitrous oxide emissions, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Additions of reactive nitrogen to terrestrial ecosystems have more than doubled since 1860 as a result of human activities.

Sonke Zaehle and colleagues used a terrestrial biosphere model to examine the impact of human nitrogen additions to terrestrial ecosystems on climate. They show that nitrogen inputs accounted for about one fifth of the carbon sequestered by terrestrial ecosystems between 1996 and 2005, and for most of the increase in global nitrous oxide emissions in recent decades. They conclude that nitrogen-induced reductions in radiative forcing due to carbon sequestration are offset by nitrous oxide emissions.

doi: 10.1038/ngeo1207

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度