Research press release

超剪断的な速さで動いたインドネシアの地震

Nature Geoscience

Indonesian earthquake moved at supershear speed

2018年9月に起きたインドネシアのパル地震(津波により2000人以上の人々が亡くなった)は、超剪断的速さで破壊が進んだことを報告する2編の論文が、今週掲載される。

2018年9月28日に起きたマグニチュード7.5のパル地震は、過去に2つの地殻ブロックが互いに水平に動いた場所(横ずれ断層)に位置している。地震断層による破壊が伝播する速さは、生成される地震波の振る舞いや、その結果生じる関連災害を左右する。通常、破壊の速さは剪断波(動きの方向が波の進む方向に直交する波)が地球の地殻を通過する速さの70~90%であり、それより速い破壊はまれである。

今回、Anne Socquet たち、およびJean-Paul Ampueroたちはそれぞれ、パル地震の人工衛星画像と地震波記録を検証した。その結果、地質学的断層による破壊は、毎秒4.1キロメートルの超剪断的速さで、180キロメートルにわたって伝播したことが明らかになった。著者たちは、断層近傍の損傷を受けた岩石が、この速さで伝播する破壊を封じ込め、維持するのを助けたことを示している。

関連するNews&Viewsで、Martin Maiは、「超剪断的破壊が津波の励起に追い打ちをかけたかどうかは、今後研究する必要があるが、超剪断的破壊が断層近傍の地震動に影響を及ぼしたことは確かである。このような海洋の横ずれ断層による津波と地震動の災害は、標準的な地震災害評価ではほとんど無視されている」と述べている。

The September 2018 earthquake Palu, Indonesia, which generated a devastating tsunami that killed over 2,000 people, ruptured at supershear speeds, report two papers published online this week in Nature Geoscience.

The magnitude 7.5 Palu earthquake on 28 September 2018 was located on a site where two crustal blocks slide horizontally past each other (a strike-slip fault). The speed at which earthquake faults rupture controls the behaviours of the seismic waves generated and consequently the associated hazards. Usually, rupture speeds are around 70-90% of the speed at which shear-waves (those in which movement is perpendicular to the wave’s direction) travel through the Earth’s crust; ruptures at faster speeds are rare.

In two separate papers, Anne Socquet and colleagues, and Jean-Paul Ampuero and co-authors examined satellite imagery and seismic records of the Palu earthquake. They find that the geological fault ruptured and propagated along 180 kilometres at a supershear speed of 4.1 kilometres per second. The authors show that the damaged rocks around the fault helped to lock in and maintain the propagating rupture at this speed.

In an accompanying News & Views article, Martin Mai comments that “whether or not the supershear rupture aggravated the tsunami excitation remains to be studied, but it certainly affected the near-fault shaking levels. Such compounded tsunami and shaking hazard in marine strike-slip environments is largely neglected in standard seismic hazard assessment.

doi: 10.1038/s41561-018-0297-z

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度