Research press release

融ける氷冠

Nature Geoscience

Ice-cap melt

2100年までに山岳氷河と氷冠は体積の15~27%が失われると予想されることが、今回明らかになった。領域によっては失われる氷の体積は75%に上り、その地域の水の利用可能性に潜在的な影響を及ぼす。

V RadicとR Hockは、世界中で2,638個の氷冠と120,229個の山岳氷河について、最新の10個の気候モデルで予想した気候変動に対する応答をシミュレーションした。これらの結果をすべての山岳氷河および氷冠を含む19の地域に対して拡大した。その結果、グリーンランドとアジアの高山地域では氷河体積減少は最小であり、ヨーロッパ・アルプスおよびニュージーランドでは現象が最大となることがわかった。

全球の氷河の損失による海水面上昇の見積もりは0.087 mと0.161 mの間にあり、これは気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による予測幅とほぼ一致するものとなっている。

Mountain glaciers and ice caps are projected to lose between 15 and 27% of their volume by 2100, according to a study published online in Nature Geoscience. In some regions, losses in ice volume could be as high as 75%, with potential implications for regional water availability.

Valentina Radic and Regine Hock simulated the response of 2,638 ice caps and 120,229 mountain glaciers worldwide to the changes in climate projected by 10 state-of-the-art climate models. Upscaling these results to 19 regions that contain all of the mountain glaciers and ice caps, they found the smallest losses in glacier volume in Greenland and high-mountain Asia, and the largest losses in the European Alps and New Zealand.

The estimated sea level rise from global glacier wastage falls between 0.087 and 0.161 m which is broadly in line with the range projected by the Intergovernmental Panel for Climate Change.

doi: 10.1038/ngeo1052

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度