Research press release

サヘル地域の降雨

Nature Geoscience

Rain in the Sahel

数十キロメートル以上の距離にわたる土中水分の勾配はアフリカ・サヘル地域の降雨確率を増大させるとの報告が寄せられた。

C Taylorらは、2006年から2010年の暴風雨と土中水分の人工衛星観測を用いて、土中水分とサヘル地域の降雨との間の関連性を調べた。彼らは、一様な土中水分条件の場合と比べると土中水分に強い勾配がある場合は、暴風雨の生成が2倍増加することを示している。Taylorらは、したがって降雨はその地域に雨を降らせる確率をさらに増大させると示唆している。

News and ViewsでR Kosterは、この研究が「これまでになされた陸地-大気フィードバックの中で最も注意深く観測に基づいてなされた解析を提供している」と述べている。

Gradients in soil moisture over distances of tens of kilometres enhance the probability of rainfall in the Sahel region of Africa, suggests a study published online in Nature Geoscience.

Christopher Taylor and colleagues examine the link between soil moisture and rainfall in the Sahel, using satellite observations of rain storms and soil moisture from 2006 to 2010. They show that rain storms are twice as likely to form over strong gradients in soil moisture compared with uniform soil-moisture conditions. The authors suggest that rainfall events therefore enhance the probability of further rain in the region.

In an accompanying News and Views, Randal Koster writes that the study “provides one of the most careful observation-based analyses of land-atmosphere feedback so far”.

doi: 10.1038/ngeo1173

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度