Research press release

有毒な水銀の生成源

Nature Geoscience

The source of toxic mercury

無機水銀からモノメチル水銀への変換は、極域海洋水中に存在するこの神経毒のおよそ半分を説明することができるとの報告が、Nature Geoscience(電子版)に掲載される。モノメチル水銀は海洋生物中に蓄積し、人間の健康に重大な影響を及ぼす。 I Lehnherrらは、カナダ極域群島で収集された海水試料で同位体のラベルをつけた無機水銀を培養した。無機水銀は、すべての試料においてメチル化によってモノメチル水銀に変換された。彼らは、無機水銀のメチル化はこれらの水の中に存在するモノメチル水銀の約47%を説明することができて、極域の海洋生物中に見られる水銀の大部分を説明できると推測している。

Conversion of inorganic mercury to monomethylmercury accounts for around half of this neurotoxin that is present in polar marine waters, reports a study published online this week in Nature Geoscience. Monomethylmercury accumulates in marine organisms, with serious implications for human health.

Igor Lehnherr and colleagues incubated seawater samples, collected from the Canadian Arctic Archipelago, with isotopically labelled inorganic mercury. The inorganic mercury was converted, through methlylation, into monomethylmercury in all samples. They estimate that methlylation of inorganic mercury accounts for around 47% of the monomethylmercury present in these waters, and could account for a signification fraction of the mercury found in Arctic marine organisms.

doi: 10.1038/ngeo1134

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度