Research press release

がんの予防効果が期待される紫色のトマト

Nature Biotechnology

Purple tomatoes may keep cancer at bay

がんになりやすい変異マウスが、遺伝子操作で抗酸化物質の含有量を高めたトマトを摂取したところ、がんの予防効果が認められた。Nature Biotechnology(電子版)に掲載される論文では、私たちの食事にこのようなトマトを加えることが、健康と福利の増進に役立つ可能性があることが示唆されている。

植物によって産生されるアントシアニンという抗酸化色素は、さまざまなヒトの病気に対する予防効果がある。このほどC Martinらは、キンギョソウの転写因子をトマトに導入して、アントシアニンの生合成を増進させた。できあがったトマトは、濃い紫色をしており、アントシアニンの蓄積量は、これまでに遺伝子操作によって作製されたトマトよりも多かった。

研究チームが、この紫色のトマトの粉末を加えた食餌をがん感受性マウスに与えたところ、マウスの寿命は有意に延びた。また、アントシアニンが豊富に含まれるブラックベリーやブルーベリーのような食物を摂取することは、ヒトの健康に有益なこととされてきている。食事による抗酸化物質の摂取を補う上で、より簡単な方法が、遺伝子組み換えトマトなのかもしれない。

Tomatoes engineered to have higher levels of antioxidants protect cancer-prone mutant mice from the disease. The study published online this week in Nature Biotechnology suggests that including such foods in our diet could help to promote health and wellbeing.

Anthocyanins ? antioxidant pigments produced by plants ? can offer protection from a range of human diseases. Cathie Martin and colleagues transfer factors from snapdragon into tomatoes to increase production of these antioxidants. The resulting fruit are deep purple in colour and contain levels of anthocyanins higher than those previously engineered in crops.

The team finds that feeding cancer-susceptible mice a diet supplemented with purple tomato powder significantly prolongs their lifespan. Human health benefits have been attributed to eating anthocyanin-rich foods, such as blackberries and blueberries. Transgenic tomatoes might be an easier way to supplement dietary intake of antioxidants.

doi: 10.1038/nbt.1506

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度