Research press release

一時的なRNA治療が心臓に効果

Nature Biotechnology

A pulse of RNA therapy is good for the heart

心臓発作のマウスモデルを使った研究で、治療用タンパク質の長期的な発現をもたらす従来のDNA導入法に比べ、修飾RNAを用い、タンパク質発現が数日間に限定される方法の方が有効なことが明らかになった。この研究が示唆するように、修飾RNAは、組織固有の幹細胞を活性化して損傷組織を修復させる治療法に利用できる可能性がある。

Kenneth Chienたちは、心臓発作の実験モデルである冠動脈結紮マウスを使い、体内で安定になるよう化学修飾したRNAを投与した。このRNAによって、血管の成長を刺激することが知られている成長因子が発現する。Chienたちは、このRNAを使って数日間だけ成長因子を発現させると、マウスの生存が最長で1年間延び、DNAを利用した方法によって成長因子をもっと長期間発現させた場合よりも効果が高いことを発見した。またこの治療により、心臓組織固有の幹細胞の分化が促進され、血管の内層を構成する細胞へと変化する。この細胞は、心臓発作による組織の虚血性損傷を改善するのに必要となる。

A therapy based on modified RNA, which limits therapeutic protein expression to a few days, has been shown to work better in a mouse model of heart attack compared to a traditional DNA delivery method that provides longer-term protein expression. The study, published online this week in Nature Biotechnology, suggests that modified RNA could be a useful approach for therapies designed to activate resident stem cells to repair damaged tissues.

Kenneth Chien and colleagues treated mice subjected to coronary artery ligation, an experimental model of heart attack, with an RNA that was chemically modified to be stable in the body and that expressed a growth factor known to stimulate blood-vessel growth. They found that expressing the growth factor for only a few days using this RNA improved the survival of mice for up to one year and was superior to longer-term expression of the growth factor by a DNA-based method. The treatment also promoted the differentiation of resident heart tissue stem cells into cells that form the inner layer of blood vessels, which are needed to counteract ischemic tissue damage from heart attack.

doi: 10.1038/nbt.2682

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度