Research press release

新しいインフルエンザの標的

Nature Biotechnology

New influenza target

A型インフルエンザウイルスを殺すための新しい標的が見つかった。この新しい標的(核タンパク質とよばれるウイルスタンパク質)とこれを阻害する薬剤の発見が、インフルエンザ感染の新しい治療法の開発に結びつくかもしれない。

A型インフルエンザウイルスは新しい系統が次々に出現し、その中には現在使われている薬に耐性を示すものがある可能性があるため、ウイルスに対抗する新しい薬や戦略を開発し続ける必要がある。R Y Kaoたちは膨大な数の小型分子をスクリーニングして、nucleozin(ヌクレオジン)とよばれる分子が、培養細胞とマウス両方においてA型インフルエンザウイルスの複製を抑えることを発見した。ヌクレオジンはウイルスの核タンパク質を標的とする。A型インフルエンザウイルスのゲノムにコードされるタンパク質はわずか11個だけなので、この核タンパク質が新薬の標的になりうることがわかって、新薬開発の選択肢が増えたことになる。著者たちは、同様なスクリーニングによって、ほかにももっと標的が発見できそうだと考えている。

A novel target for killing the influenza A virus is presented in Nature Biotechnology this week. The discovery of this target ― a viral protein called nucleoprotein and of a drug that can inhibit it may lead to the development of therapies for influenza infection.

Because new strains of influenza A virus continue to emerge, some of which may be resistant to current drugs, it is necessary to continue to develop new antiviral therapeutics and strategies. By screening a large library of small molecules, Richard Y Kao and colleagues found that a small molecule called nucleozin can suppress influenza A viral replication in both cell lines and mice. Nucleozin targets the viral protein nucleoprotein. Since the influenza A genome encodes only 11 proteins, the finding that nucleoprotein is druggable may represent a significant addition to the targets available to drug developers. The scientists believe that similar screens may uncover further targets.

doi: 10.1038/nbt.1638

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度