Research press release

がん遺伝子の発見に弾み

Nature Biotechnology

Jump-starting cancer-gene discovery

「ジャンピング遺伝子」をうまく利用して、肝臓の腫瘍で最も広く異常のみられる遺伝子が同定された。この方法は、ほかのさまざまながんについても、関連する遺伝子の同定に幅広い応用が期待できる。

がん細胞で変異している重要な遺伝子や遺伝子群は数多く見つかっているが、肺がん、乳がん、肝臓がんなどのがんでは、特異的な原因遺伝子の変異を探して研究が続いている。D Largaespadaたちは以前に、ジャンピング遺伝子、すなわちトランスポゾンを発現するマウスを遺伝子操作によって作り、トランスポゾンが転移してがん遺伝子の内部や近くに移ると、必ず腫瘍が発生することを明らかにした。今回はこの系に細かい改良を加え、特定細胞だけで遺伝子が破壊されるようにした。トランスポゾンの移動を肝細胞だけに限定することにより、肝臓の腫瘍中でその転移経路をたどって、19の遺伝子が同定できた。これらの遺伝子は、実際にヒトの肝臓がんで異常がみられることが多いこともわかった。

この方法は、脳腫瘍、膵臓がん、大腸がんなどといったヒトのほかのがんのプロフィール解明にも役立ち、さらには、もっと効果的ながんの治療法の開発にも道を開くだろう。

A 'jumping gene' has been harnessed to identify the genes most commonly impaired in liver tumors. The approach, published this week in Nature Biotechnology, promises to be broadly applicable to identifying the genes that contribute to other types of cancer.

Although many of the key genes or sets of genes mutated in cancer cells have been identified, the search continues for mutations in culprit genes specific to a particular type of cancer?such as lung, breast or liver cancer. David Largaespada and colleagues previously demonstrated that mice engineered to express a jumping gene or 'transposon' develop tumors whenever the jumping gene lands in or near a cancer gene. They now fine-tune the system to disrupt genes only in certain cells. By restricting the transposon's movement to mouse liver cells, they can track its path in liver tumors to identify 19 genes also shown to often be defective in human liver cancers.

This strategy will augment other efforts to profile different types of human cancer, such as tumors of the brain, pancreas and colon. Ultimately, it could open the way for more effective cancer therapies.

doi: 10.1038/nbt.1526

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度