Research press release

化学療法抵抗性の腫瘍のポンプを止める

Nature Biotechnology

Stopping the pumps in chemotherapy-resistant tumours

化学療法への抵抗性獲得につながるがん細胞の薬剤排出能力を妨げる、新しいタイプの人為的薬剤送達システムの報告が寄せられている。マウスではこの方法により、薬剤抵抗性の大腸がん、乳がん、子宮がんの成長が抑えられ、生存期間が大幅に延長する。

H Brahmbhattたちの手法は、ミニセルを利用する。ミニセルは、遺伝物質をもたず生きていない空っぽの細菌で、さまざまな種類の薬剤を入れることができる。マウスには、2種類のミニセルを順に投与した。1つ目には、薬剤抵抗性の原因となるポンプの生産を阻害する小型のRNA分子を入れ、2つ目には、ポンプが機能しなくなったがん細胞を殺す化学療法剤を入れた。

この化学療法剤は全身循環へ回らないために、通常の必要量よりもはるかに低濃度でがん細胞を殺せるので、望ましくない副作用を避けることができる。

A novel type of artificial drug delivery system that blocks cancer cells' ability to expel chemotherapy and thereby acquire drug resistance is published online this week in Nature Biotechnology. In mice, this approach successfully inhibits the growth of drug-resistant colon, breast and uterine tumours and substantially extends life expectancy.

Himanshu Brahmbhatt and colleagues' technique relies on minicells ― empty, lifeless bacteria without genetic material ― which can be filled with different types of drug. Mice were sequentially given two sets of minicells ― the first filled with small RNA molecules to block production of the pumps that confer drug-resistance, and the second one loaded with toxic chemotherapy drugs to kill the tumour cells with disabled pumps.

Since the drugs are not released into general circulation, they can kill cancer cells at much lower dosage than normally required, thus avoiding undesirable side effects.

doi: 10.1038/nbt.1547

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度