Research press release

改良型の遺伝子操作ビール

Nature Biotechnology

A better engineered beer

合成生物学を利用すれば、複雑な遺伝子ネットワークを単純な部品から作り上げる方法が得られ、遺伝子工学の欠点を補うことができるかもしれない。今回報告された新しい方法によれば、生物医学や研究へ、あるいはビール醸造、バイオ燃料生産といった工業へ応用できる合成遺伝子ネットワークの構築が容易になると期待される。

J Collinsたちは、コンピューターによるモデル化と細胞の詳しく性質のわかっている部品とを利用すれば、遺伝子ネットワークの挙動を構築前に予測できることを明らかにした。これによって、従来の方法で遺伝子操作を試みる際の悩みの種である、憶測に基づく効率の悪い作業、試行錯誤による微調整作業の多くが必要なくなる。Collinsたちはこの方法を使って、決まった時間の後に凝集する酵母細胞を作製した。この性質は、ビールの醸造など、さまざまな応用に不可欠な条件の1つである。

Synthetic biology could complement genetic engineering by providing tools to synthesize complex gene networks from simpler parts. A new approach, published this week in Nature Biotechnology, promises to make it easier to construct synthetic gene networks for biomedical, research, and industrial applications, such as brewing beer and producing biofuels.

James Collins and colleagues show how computer modeling and a library of well-characterized cell parts can be used to predict the behavior of a gene network before it is built. This eliminates much of the inefficient guess-work and trial-and-error tweaking that plagues traditional genetic engineering efforts today. The researchers use their approach to engineer yeast cells that clump together after a specified amount of time, a critical parameter to various applications, such as when brewing beer.

doi: 10.1038/nbt.1536

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度