Research press release

心臓の生物学的ペースメーカーに向けて

Nature Biotechnology

Toward a biological pacemaker for the heart

げっ歯類の心臓細胞を、遺伝子治療によって、特殊な心臓ペースメーカー細胞へと変換したとの報告が寄せられている。この方法を最適化してヒトに使えるよう改良すれば、やがては人工ペースメーカーの代わりになるかもしれない。

心臓の洞房結節にある少数の特殊化した細胞が、心臓の拍動のリズムを制御している。これらの細胞の機能が病気や加齢のために衰えると、生命の維持に差し障るほど拍動が遅くなったり、不規則になったりする。現在の唯一の治療法では、人工ペースメーカーを埋め込まなくてはならない。

Eduardo Marbanたちは、胚発生の際に天然のペースメーカー細胞の形成にきわめて重要な働きをする一群の遺伝子を検討し、不活化ウイルスを利用してそのうちの1つをげっ歯類の心臓細胞に導入すると、導入した細胞が、機能をもったペースメーカー細胞に変換されることを明らかにした。

Rodent heart cells have been converted by gene therapy to specialized heart pacemaker cells, reports a paper published online this week in Nature Biotechnology. If this approach can be optimized and adapted for use in humans, it could eventually provide an alternative to artificial pacemakers.

A small population of specialized cells located in the sinoatrial node of the heart controls the pacing of heart beats. If the function of these cells wanes, owing to disease or aging, the heartbeat can become too slow or dysrythmic to sustain life. Currently, the only available therapy requires implantation of an artificial pacemaker.

Eduardo Marban and colleagues tested a handful of genes that are critically important for the formation of natural pacemaker cells during embryonic development. They show that one of these genes, when delivered to rodent heart cells by an inactive virus, converts the cells to functional pacemaker cells.

doi: 10.1038/nbt.2465

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度