Research press release

デング熱と闘うため、蚊を不妊症に

Nature Biotechnology

Sterilizing mosquitoes to fight dengue

遺伝子操作した雄の蚊を利用して野生の蚊の増殖を抑制する、初めての開放系野外試験の報告が寄せられている。実験室での知見では、雄のトランスジェニック蚊は雌との交尾に関して効率よく野生型の雄と競合し、蚊の媒介するマラリアやデング熱といった感染症を抑制する方法として有望なことがわかっているが、この野外試験のデータで、それが確認された。

不妊の昆虫を大量に放飼する方法はこれまでに、農業上有害な昆虫の数を、広い範囲で殺虫剤を使用することなく抑制するために行われたことがある。他の害虫は、実験室で放射線照射によって不妊化して自然集団へと放飼することができるが、雄の蚊は放射線照射によって雌をめぐる競争力が低下してしまう。

この問題を克服するため、L Alpheyたちは遺伝子組み換えしたネッタイシマカAedes aegyptiを利用した。この蚊は実験室で餌に混ぜて与えていた物質がないと死んでしまうが、この物質は野外には存在しない。Alpheyたちはグランドケイマン島の10ヘクタールを超える区域に、1か月にわたって雄の蚊2万匹を放飼した。このトランスジェニック蚊の交尾成功率は野生の蚊のほぼ半分あり、昆虫防除法として役に立つものと考えられる。

この小規模な研究は、他の区域で、また別種の蚊で繰り返す必要があるが、今回の結果は、もっと多数を広く放飼することによって蚊の個体数の抑制が実現できる可能性を示唆している。

Data from the first open-field trial of genetically engineered male mosquitoes with the potential to suppress proliferation of wild mosquitoes carrying dengue virus are reported in a paper published online this week in Nature Biotechnology. The findings confirm laboratory-based findings showing that transgenic male mosquitoes can compete effectively with their wild counterparts for female mates and thus provide a promising approach for controlling mosquito-borne infectious diseases like malaria and dengue.

Mass-release of sterile insects has been previously used to suppress insect populations detrimental to agriculture while avoiding widespread use of pesticides. Other pests can be sterilized by irradiation in the lab and then released into a natural population; however, irradiation reduces the ability of male mosquitoes to compete for mates.

To overcome this problem, Luke Alphey and colleagues used a strain of genetically modified Aedes aegypti mosquitoes that die without a dietary substance given to them in the lab, but not found in the wild. The authors released around 20,000 male mosquitoes over a 10 hectare area on Grand Cayman island over a month. They found that the transgenic mosquitoes’ mating success was about half that of wild mosquitoes, suggesting that they would be useful in insect control programs.

Although this small-scale study needs to be repeated in other locations and with additional strains, the results suggest the feasibility of more extensive releases capable of suppressing mosquito populations.

doi: 10.1038/nbt.2019

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度