Research press release

ナツメヤシの性別のゲノミクス

Nature Biotechnology

Genomic guides for date sex

ハイスループットDNA塩基配列決定法により、ナツメヤシの性別に関係するゲノム領域が同定された。ナツメヤシ(デーツ)は中東や北アフリカの多くの国々で主要な食物となっており、この知見はその生産に重要な意味をもつ可能性がある。

ナツメヤシ(Phoenix dastylifera L.)は、経済的に最も重要な3種類のヤシ科木本植物の1つである(残る2つはアブラヤシとココヤシ)。世界では、約1億本のナツメヤシから毎年1500万トンの果実(デーツ)が生産されている。多くの植物とは違って、ナツメヤシは雌株、雄株が分かれている。しかし、ナツメヤシの苗を育てて、それが実をつける雌株なのか、実をつけない雄株なのかを判別するには、苗が成熟するまで少なくとも5年は待たなければならない。

J Malekたちは、ヤシ科の仲間としては初めて、ナツメヤシのゲノム概要配列を作成した。9種類の異なった変種に属するナツメヤシの雌株、雄株のゲノム塩基配列を比較することにより、性別に関連する配列が明らかになった。Malekたちは、ナツメヤシの性別の遺伝様式はヒトの場合と同様にXY型だと考えている。またMalekたちは、育種によって現在の最も優れた栽培品種の果実品質や熟成時期などを改良する際に役立ちそうな遺伝マーカーも同定した。

High-throughput DNA sequencing has identified a region of the date palm genome that is linked to gender. The finding, reported online this week in Nature Biotechnology, may have important implications for production of this staple food in many Middle Eastern and North African nations.

Date palm (Phoenix dactylifera L.) is one of the three most economically important woody palms ― the two others being the oil and coconut palms. Approximately 100 million date palm trees throughout the world produce 15 million metric tons of fruit annually. Unlike most plants, date palms are either male of female. However, breeders need to wait at least five years before the plants reach maturity to discover whether a plant is a fruit-bearing female, or a barren male.

Joel Malek and colleagues assembled a draft of the date palm genome, the first of its kind for a member of the palm family. Comparisons of the genomic sequences from male and female date palms belonging to nine different varieties reveal sequences linked to gender. Thee authors also propose that date palm uses an XY-type system of gender inheritance, similar to that seen in humans. The authors also identified genetic markers likely to facilitate breeding of traits such as superior fruit quality and more convenient ripening times into the best current cultivars.

doi: 10.1038/nbt.1860

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度