Research press release

ブドウの歴史

Nature Plants

The grapevine through time

フランスのブドウの遺伝的祖先を明らかにした論文が、今週掲載される。この研究は、何百年も前に栽培されていたブドウ品種の一部が現在も使用されていることを示している。

ヨーロッパブドウ(Vitis vinifera)は6000年前に初めて栽培化され、クローン化によって栽培されることが多い。このため、種子が手に入る限り古くまで、系統をたどることができる。歴史資料によれば、ブドウは紀元前6世紀にギリシャ人によってフランスへ持ち込まれたが、フランス南部の大部分にワイン生産が広がったのは、紀元前1世紀になってローマ人に占領されてからのことであったという。数千品種のブドウが文書記録によって記録または特定されているが、これまで現代の品種をその歴史的祖先と結び付けることは困難であった。

今回、Nathan Walesたちの研究グループは、フランスの考古学的遺跡9か所から得られた28個の種子のゲノムを解析した。その年代は、中世からローマ時代、さらには鉄器時代(紀元前510~475年)までさかのぼる。解析の結果、全ての試料は野生ブドウではなく栽培品種のものであり、現在のワイン生産に使用されている品種に近縁であることが明らかになった。西暦1050~1200年のものとされた試料1点は、現在の「サヴァニャン・ブラン」と遺伝的に同一であることが確認され、この品種がフランスで900年近くにわたって栽培されてきたことが示された。

The genetic ancestry of French grapevines is revealed in a paper published online this week in Nature Plants. The research indicates that some grape varieties cultivated hundreds of years ago are still in use today.

The European grapevine (Vitis vinifera) was first domesticated 6,000 years ago and is often cultivated through cloning, which allows for the lineage of vines to be traced as far back as seeds are available. Historical records indicate grapevines were introduced to France by the Greeks in the sixth century BCE but it was not until the first century BCE, and the Roman occupation, that wine production spread across most of southern France. Thousands of varieties of grape have been recorded or identified through written records, but it has been difficult to link modern day varieties to their historic ancestors.

Nathan Wales and colleagues analyzed the genomes of 28 seeds from nine archaeological sites in France, dating from the Medieval period, the Roman era and as far back as the Iron Age (510-475 BCE). They find that all of the samples were from domesticated varieties rather than wild grapevines, and all samples were closely related to varieties used for wine production today. The authors identified one sample, dated to between 1050-1200 CE, which was a genetically identical to today’s ‘Savagnin Blanc’, indicating that this variety has been cultivated in France for nearly 900 years.

doi: 10.1038/s41477-019-0437-5|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度