投稿案内

一般的な編集方針に関する情報は、著者と査読者サイトでご覧ください。
編集方針(査読者への手引きを含む)は、PDF形式でもご覧いただけます。

植物が世界的に重要なものであることは、どれだけ誇張してもしすぎることはありません。太陽エネルギーを取り込む植物は、植物以外のさまざまな生物を支える環境の形成に不可欠です。現代の人類社会が立脚している食物、衣類、エネルギー、住居、それに複雑な化学物質という形態で、植物はさまざまな人類活動に役立つさまざまな原材料を提供しています。

Nature Plants は、植物の分子生物学、生理学、生態学に関する基礎、応用両面の研究、ならびに人類と植物界との関係に関する調査研究を含め、植物科学の全領域にわたるきわめて質の高い論文を掲載します。

Nature Plants がカバーする分野には次のようなものがあります。

  • 農業
  • 遺伝学
  • 農学
  • ゲノミクス
  • 生化学
  • 代謝
  • バイオ燃料
  • メタボロミクス
  • 生物物理学
  • 分子生物学
  • 細胞生物学
  • 光合成
  • 防御
  • 生理学
  • 発生
  • 植物・微生物相互作用
  • 病害抵抗性
  • プロテオミクス
  • 生態学
  • 二次代謝
  • 経済学
  • 社会学
  • 進化
  • 共生
  • 食糧安全保障
  • システム生物学
  • 林学
  • 水資源の利用

Nature Plants は、原著研究論文のほかにも、Reviews、Perspectives、News and Views、Commentaries、News Features、Books and Arts Reviews のセクションで、植物科学が関係する幅広い分野のきわめて重要な発展を概説します。

常駐の専任編集部が監督する公正、迅速、厳格な査読プロセスにより、つとめて質が高く重要な植物科学研究の成果を掲載します。

他のNature 関連誌と同様、Nature Plants にも外部の編集委員会はありません。それに代わり、常駐の専任編集部が、すべての事項を決定します。各エディターの研究バックグラウンドと科学的関心事については、「編集部について」をご覧ください。

編集に関する一般的なご質問やご意見は、編集部までお寄せください。

原稿の取扱状況については、エディトリアル・アシスタントまでお問い合わせください。

Nature Plants の編集は独立していて、エディターはNature 関連誌とは無関係に独自の意思決定を行います。Nature 関連誌への投稿が退けられた場合、著者は、原稿の担当エディターがご案内するリンクから自動原稿転送サービスを利用して、Nature Plants にその論文を投稿することができます。その場合、査読者のコメント(エディター宛のあらゆる機密コメントを含む)と氏名が原稿とともにNature Plants のエディターへ転送されることは、ご承知おきください。Nature Plants のエディターは、意思決定を行うにあたって過去の査読を考慮に入れますが、追加または代わりの査読者に意見を求める場合もあります。なお、著者が新たな査読を求めることもできますが、それを希望される場合は自動転送のリンクを使用しないでください。この場合、エディターは、過去の査読プロセスを参考にすることなく論文の評価を行います。詳細は、原稿転送サービスNature 関連誌との関係をご参照ください。

論文が複数のNature 関連誌の取扱領域に該当する場合、最初にどこに投稿するかは著者に選択していただきます。

詳細は次のリンクをご参照ください。

Nature 関連各誌の著者・査読者サービスと掲載方針の詳細については、「著者と査読者」をご覧ください。Nature Plants を含む各誌には、以下に挙げるような共通の方針があります。

すべてのNature 関連誌のブログに対する関係領域からの投稿を歓迎します。Plant Life は、Nature Plants のブログです。Nautilus は、ネイチャー・リサーチが出版するジャーナルの著者と掲載希望者のためのブログです。
Peer-to-Peer は、査読者のための査読に関するブログです。そのほかのネイチャー・リサーチのブログは、ブログ索引ページからお探しください。

アブストラクトとインデックスで用いる正式な略称は、Nat. Plants. です。

Nature Plants の国際標準逐次刊行物番号(ISSN)は2055-026X、電子版国際標準逐次刊行物番号(EISSN)は2055-0278です。

プライバシーマーク制度