Research press release

植物の加熱調理には1万年の歴史がある

Nature Plants

Plants have been prepared in pots for 10,000 years

今週のオンライン版に掲載される論文によれば、かつて緑のサバンナであったサハラでは、1万200年も昔の新石器時代人が野生の穀物や多葉植物、水生植物を土器で調理していたという。

人類史の中で、土器は約1万6,000年前の東アジアと、約1万2,000年前の北アフリカの2回にわたって互いに無関係に発明されたと考えられている。その土器について、牛乳などの動物産品の加工に利用されたことを示す証拠は存在するが、植物の料理で果たした役割は知られていなかった。

Richard Evershedたちは、リビアサハラのTakarkoriおよびUan Afuda遺跡から出土した合計110個の土器片を調べた。土器に残されている脂質付着物の炭素同位体比を分析した結果、その土器は、多葉植物、種子、穀物、および水生植物など、周辺の湖沼およびサバンナで採集された多様な植物の加工に利用されていたことが示された。

その土器は、この地域での植物の栽培化および農業に4000年以上先行することが分かった。研究チームは、前期完新世の狩猟採集民が当時の緑のサハラに存在した穀物などの野生植物によって食事の必要を充足させる上で、今回の知見によって想定された植物加工技術が極めて重要であった可能性があると結論付けている。

Neolithic humans prepared wild grains, leafy and aquatic plants in pottery vessels as early as 10,200 years ago, in a Sahara that was a green savannah, reports a paper published online this week in Nature Plants.

It is thought that pottery was independently invented twice during human history: first in East Asia around 16,000 years ago, and more recently in North Africa some 12,000 years ago. Although there is evidence that these pots were used to process animal products including milk, their role in plant cuisine has remained unknown.

Richard Evershed and colleagues studied a total of 110 potsherds (broken pieces of ceramic material) from archaeological sites at Takarkori and Uan Afuda in the Libyan Sahara. By analysing the carbon isotope ratios of oily deposits preserved in the pottery, they demonstrate that the pots were used to process a wide variety of vegetation gathered from the surrounding lakes and savannahs, including leafy plants, seeds, grains and aquatic plants.

The authors show that the pots predate plant domestication and agriculture in the region by at least 4,000 years. The authors conclude that the plant processing techniques posited by these findings may have been crucial in allowing the hunter-gatherers of the Early Holocene era to meet their dietary needs from the wild-growing grains and other plants present in the then green Sahara.

doi: 10.1038/nplants.2016.194

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度