Volume 26 Number 11

表紙について

間葉系間質細胞(MSC)の従来の作製方法の障害となっている問題は、製造規模の変更が難しいこととドナー間のばらつきであって、これがさまざまな臨床試験の結果の不一致につながっている。誘導多能性幹細胞(iPSC)を使う新しい技術なら、同じ状態に分化した、臨床に利用できる品質の細胞を大量に作り出すことが容易であり、このような問題を克服できる可能性がある。Patton'd Studiosによる表紙のイラストは、iPSC由来の間葉系血管芽細胞(mesenchymoangioblast)のコロニーを描いたもの。これはMSC製造のための最適化した適正製造基準に準拠した工程に不可欠な中間段階である。Letter p. 1720


イメージ:PATTON'D STUDIOS
表紙デザイン: ERIN DEWALT


目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

気候危機を自分の優先研究課題にしよう

Make the climate crisis your own research priority p.1665

doi: 10.1038/s41591-020-1141-8

News Feature

トランプ政権下での米国の生物医学・医学研究

US biomedical and medical research under the Trump administration p.1666

doi: 10.1038/d41591-020-00030-0

News & Views

代謝の健康:肥満治療外科手術の恩恵は主に体重減少によってもたらされる

Weight loss is the major player in bariatric surgery benefits p.1678

doi: 10.1038/s41591-020-1117-8

感染症:再感染の研究によってSARS-CoV-2感染を防御する仕組みを理解する

Understanding protection from SARS-CoV-2 by studying reinfection p.1680

doi: 10.1038/s41591-020-1121-z

神経学:先天性水頭症の遺伝的複雑性を解き明かす

Unlocking the genetic complexity of congenital hydrocephalus p.1682

doi: 10.1038/s41591-020-1120-0

がん治療:小児腫瘍学は精密医療の時代に入る

Entering the era of precision medicine in pediatric oncology p.1684

doi: 10.1038/s41591-020-1119-6

Brief Communications

がん治療:再発性や難治性の神経芽細胞腫患者における抗GD2 CAR-NKT細胞:中間解析

Anti-GD2 CAR-NKT cells in patients with relapsed or refractory neuroblastoma: an interim analysis p.1686

doi: 10.1038/s41591-020-1074-2

COVID-19:季節性コロナウイルスに対する防御免疫は長くは持続しない

Seasonal coronavirus protective immunity is short-lasting p.1691

doi: 10.1038/s41591-020-1083-1

Letters

COVID-19:Ad26ワクチンはハムスターでSARS-CoV-2が引き起こす重篤な臨床疾患を防御する

Ad26 vaccine protects against SARS-CoV-2 severe clinical disease in hamsters p.1694

doi: 10.1038/s41591-020-1070-6

COVID-19:SARS-CoV-2感染に関連した多臓器炎症症候群の小児で見られる末梢免疫表現型

Peripheral immunophenotypes in children with multisystem inflammatory syndrome associated with SARS-CoV-2 infection p.1701

doi: 10.1038/s41591-020-1054-6

COVID-19:重症COVID-19の回復期血漿療法:傾向スコアによってマッチングさせた対照研究

Convalescent plasma treatment of severe COVID-19: a propensity score–matched control study p.1708

doi: 10.1038/s41591-020-1088-9

COVID-19:香港におけるSARS-CoV-2感染でのクラスタリングおよびスーパースプレッディングの可能性

Clustering and superspreading potential of SARS-CoV-2 infections in Hong Kong p.1714

doi: 10.1038/s41591-020-1092-0

細胞治療:ステロイド抵抗性急性移植片対宿主病でのiPSC由来間葉系間質細胞の製造、安全性、有効性:第I相多施設非盲検用量漸増試験

Production, safety and efficacy of iPSC-derived mesenchymal stromal cells in acute steroid-resistant graft versus host disease: a phase I, multicenter, open-label, dose-escalation study p.1720

doi: 10.1038/s41591-020-1050-x

がん:ゲノムコピー数はトランスフォーメーションの数年前に食道がんを予測する

Genomic copy number predicts esophageal cancer years before transformation p.1726

doi: 10.1038/s41591-020-1033-y

Articles

がん治療:進行性腎細胞がんでのアベルマブ・アキシチニブ併用とスニチニブとの比較:第3相JAVELIN Renal 101試験のバイオマーカー解析

Avelumab plus axitinib versus sunitinib in advanced renal cell carcinoma: biomarker analysis of the phase 3 JAVELIN Renal 101 trial p.1733

doi: 10.1038/s41591-020-1044-8

小児がん:全ゲノム、トランスクリプトームおよびメチロームのプロファイリングは、高リスクの小児がんでの実用化可能な標的の発見を促進する

Whole genome, transcriptome and methylome profiling enhances actionable target discovery in high-risk pediatric cancer p.1742

doi: 10.1038/s41591-020-1072-4

孤発性水頭症:エキソーム塩基配列解読が示す孤発性先天性水頭症での出生前神経発生とグリア新生の遺伝的崩壊

Exome sequencing implicates genetic disruption of prenatal neuro-gliogenesis in sporadic congenital hydrocephalus p.1754

doi: 10.1038/s41591-020-1090-2

腸マイクロバイオーム:生後1年間に起こる腸内マイクロバイオームの成熟は、小児喘息を防ぐ農場効果に寄与する

Maturation of the gut microbiome during the first year of life contributes to the protective farm effect on childhood asthma p.1766

doi: 10.1038/s41591-020-1095-x

HIV:異なる共刺激ドメインを持つデュアルCD4を基盤とするCAR T細胞はin vivoでHIVの病原性を減弱する

Dual CD4-based CAR T cells with distinct costimulatory domains mitigate HIV pathogenesis in vivo p.1776

doi: 10.1038/s41591-020-1039-5

心筋症:調節異常のリボ核タンパク質顆粒はRBM20遺伝子編集ブタで心筋症を促進する

Dysregulated ribonucleoprotein granules promote cardiomyopathy in RBM20 gene-edited pigs p.1788

doi: 10.1038/s41591-020-1087-x

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度