Volume 26 Number 12

腫瘍免疫の2つの顔

Cerezo-Wallisたちは、黒色腫が分泌するミッドカイン(MDK)がマクロファージを、黒色腫の免疫回避や免疫治療への抵抗性を助けるように「教育」することを報告している。表紙は、ベネズエラの画家(この論文の筆頭著者の母親)が、がんの免疫系の二面性についての説明を聞いたときに得た印象を描いた手描きのイラスト。マクロファージがMDKの有無に応じて表現型や機能を切り替え、MDKが存在しない場合は黒色腫細胞を殺し(イラスト上部)、MDKが存在する場合は黒色腫細胞の転移を促進する(イラスト下部)様子が描かれている。

参照論文:Cerezo-Wallis and colleagues Article p.1865
イメージ:María Eugenia Wallis
カバーデザイン:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

コロナ後遺症という難問に対処する

Meeting the challenge of long COVID p.1803

doi: 10.1038/s41591-020-01177-6

Year in Review

News Feature

2021年:パンデミック後の世界での研究と医療のトレンド

2021: research and medical trends in a post-pandemic world p.1808

doi: 10.1038/s41591-020-01146-z

News & Views

免疫療法:単一細胞解析を用いてCAR T細胞による転帰を予測する

Using single-cell analysis to predict CAR T cell outcomes p.1813

doi: 10.1038/s41591-020-01157-w

がんスクリーニング:臨床試験参加者募集に使われるリキッドバイオプシーと腫瘍生検を比較する

Liquid biopsy versus tumor biopsy for clinical-trial recruitment p.1815

doi: 10.1038/s41591-020-01169-6

感染症:乾期のマラリア原虫は背景の中に潜んでいる

Malaria parasites hide in plain sight in the dry season p.1816

doi: 10.1038/s41591-020-01171-y

Letters

COVID-19:混み合い度とCOVID-19のエピデミックの形態

Crowding and the shape of COVID-19 epidemics p.1829

doi: 10.1038/s41591-020-1104-0

公衆衛生:医療施設までの移動時間を示した地球地図

Global maps of travel time to healthcare facilities p.1835

doi: 10.1038/s41591-020-1059-1

がん治療:局所進行性尿路上皮がんでのイピリムマブとニボルマブの術前併用:NABUCCO試験

Preoperative ipilimumab plus nivolumab in locoregionally advanced urothelial cancer: the NABUCCO trial p.1839

doi: 10.1038/s41591-020-1085-z

がん治療:シスプラチン不適格で手術可能な高リスク尿路上皮がん患者でのPD-L1とCTLA-4を併用するネオアジュバント遮断

Neoadjuvant PD-L1 plus CTLA-4 blockade in patients with cisplatin-ineligible operable high-risk urothelial carcinoma p.1845

doi: 10.1038/s41591-020-1086-y

急性骨髄性白血病:急性骨髄性白血病での前向きゲノムプロファイリングを用いた精密医療による治療:Beat AMLマスター試験の実現可能性と予備的有効性

Precision medicine treatment in acute myeloid leukemia using prospective genomic profiling: feasibility and preliminary efficacy of the Beat AML Master Trial p.1852

doi: 10.1038/s41591-020-1089-8

がん治療:進行消化器がんでの循環血中腫瘍DNA塩基配列解読の臨床的有用性:SCRUM-Japan GI-SCREEN研究およびGOZILA研究

Clinical utility of circulating tumor DNA sequencing in advanced gastrointestinal cancer: SCRUM-Japan GI-SCREEN and GOZILA studies p.1859

doi: 10.1038/s41591-020-1063-5

Articles

がん:ミッドカインは黒色腫の微小環境を免疫寛容原性で免疫抵抗性の状態へ再構築する

Midkine rewires the melanoma microenvironment toward a tolerogenic and immune-resistant state p.1865

doi: 10.1038/s41591-020-1073-3

がん治療:注入された抗CD19 CAR T細胞の産物の特性は大細胞型B細胞リンパ腫患者での有効性と毒性に関連する

Characteristics of anti-CD19 CAR T cell infusion products associated with efficacy and toxicity in patients with large B cell lymphomas p.1878

doi: 10.1038/s41591-020-1061-7

神経精神疾患:22q11.2欠失症候群のヒト細胞モデルに見られるニューロンの異常

Neuronal defects in a human cellular model of 22q11.2 deletion syndrome p.1888

doi: 10.1038/s41591-020-1043-9

急性肝不全:急性肝不全はMYCとマイクロバイオームに依存するプログラムによって調節される

Acute liver failure is regulated by MYC- and microbiome-dependent programs p.1899

doi: 10.1038/s41591-020-1102-2

統合失調症:22q11.2欠失症候群での表現型発現とリスク予測を一般的な遺伝的変動を用いて調べる

Using common genetic variation to examine phenotypic expression and risk prediction in 22q11.2 deletion syndrome p.1912

doi: 10.1038/s41591-020-1103-1

COVID-19:COVID-19パンデミックの第一波が先進21か国の全死因死亡率に及ぼした影響の大きさ、人口統計学的性質および動態

Magnitude, demographics and dynamics of the effect of the first wave of the COVID-19 pandemic on all-cause mortality in 21 industrialized countries p.1919

doi: 10.1038/s41591-020-1112-0

マラリア:乾季の持続性無症候性感染の根底にある熱帯熱マラリア原虫の循環血中滞在時間の延長

Increased circulation time of Plasmodium falciparum underlies persistent asymptomatic infection in the dry season p.1929

doi: 10.1038/s41591-020-1084-0

結核:低い伝播状況下での偶発的結核に対する個別化されたリスク予測因子の発見と検証

Discovery and validation of a personalized risk predictor for incident tuberculosis in low transmission settings p.1941

doi: 10.1038/s41591-020-1076-0

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度