目次

Volume 23 Number 8

表紙について

J K Karimyたちは、脳室内出血のラットモデルを使い、TLR-4–NF-κB依存性の炎症が出血後水頭症の発症に果たす役割を調べた。脈絡叢上皮(CPE)での炎症が、SPAK–NKCC1イオン共輸送体複合体のリン酸化を介して、脳脊髄液(CSF)の過剰分泌を引き起こすことが明らかにされ、この炎症応答を減弱させる薬剤によってCSFの分泌速度が正常値に戻り、CSF過剰分泌による病的な側脳室拡大が軽減された。表紙の画像は脳室内でCSF(灰色の球)を分泌中のCPE(赤色)を描いている。
LETTER p. 997

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

NEWS FEATURE:エピゲノムの編集者:CRISPR法のようなゲノム編集技術を改変してエピゲノムに応用することで、エピジェネティクスで今まで手つかずだった問題が詳細に解明されつつある。臨床分野でも、こうした強力なゲノム編集法を使って、HIV感染根絶につながる薬剤の開発や薬物乱用の治療など、難問への取り組みが始まった。

The epigenome editors: How tools such as CRISPR offer new details about epigenetics p.900

doi: 10.1038/nm0817-900

NEWS FEATURE:欠落した情報:ジカ熱は1947年にアフリカのウガンダで発見されたが、それ以来、ジカウイルスが原因とみられる小頭症が2015年に南米ブラジルで多数発生するまで、一般にはあまり知られていなかった。ジカ熱に関する過去数年の研究の大半はラテンアメリカでの流行に集中していて、アフリカでのジカ熱流行の実態についてのデータはほとんど存在しない。このことが、アメリカ大陸でのジカ熱流行の今後の展開の予測や対策の検討を妨げている。

The missing pieces: Lack of Zika data from Africa complicates search for answers p.904

doi: 10.1038/nm0817-904

NEWS FEATURE:二重の壁を突破する抗菌薬:今年2月にWHOが発表した「緊急に抗菌薬が必要な12の細菌群のリスト」では、9つがグラム陰性細菌であり、そのうちの1つには、最後の切り札といわれる抗菌薬への抵抗性がすでに出現している。開発の努力にもかかわらず、新しい種類の抗菌薬はもう30年以上、市場に出ていない。その理由の1つは、グラム陰性細菌の二重の膜にある。薬剤の進入を阻むこのバリケードを打ち破るために、研究者たちはあの手この手と試みているのだが……。

Breaking through: How researchers are gaining entry into barricaded bacteria p.907

doi: 10.1038/nm0817-907

News & Views

計算されたリスク:重症インフルエンザと関連付けられた新発見の一塩基多型

Calculated risk: a new single-nucleotide polymorphism linked to severe influenza disease p.911

doi: 10.1038/nm.4383

BRAFの変異したがんに効く三剤併用療法

A three-drug combination to treat BRAF-mutant cancers p.913

doi: 10.1038/nm.4382

Letters

筋疾患:1A型先天性筋ジストロフィーマウスモデルでのスプライシング異常を相同組換修復非依存的機構を用いて修正する

Correction of a splicing defect in a mouse model of congenital muscular dystrophy type 1A using a homology-directed-repair-independent mechanism p.984

doi: 10.1038/nm.4367

筋疾患:繊維芽細胞増殖因子19はマウスで骨格筋量を調節し、筋消耗を軽減する

Fibroblast growth factor 19 regulates skeletal muscle mass and ameliorates muscle wasting in mice p.990

doi: 10.1038/nm.4363

水頭症:出血後水頭症で起こる脈絡叢上皮による脳脊髄液の炎症依存性過剰分泌

Inflammation-dependent cerebrospinal fluid hypersecretion by the choroid plexus epithelium in posthemorrhagic hydrocephalus p.997

doi: 10.1038/nm.4361

Articles

がん治療:BRAFV600E変異を有するがんでの治療抵抗性の進化を抑える手法の一例

An approach to suppress the evolution of resistance in BRAFV600E-mutant cancer p.929

doi: 10.1038/nm.4369

免疫:インターロイキン9を産生する2型自然リンパ球による炎症の終息

Resolution of inflammation by interleukin-9-producing type 2 innate lymphoid cells p.938

doi: 10.1038/nm.4373

腎疾患:足細胞に存在するsuPAR、APOL1リスクバリアントおよびαvβ3インテグリンの三者複合体は慢性腎疾患を引き起こす

A tripartite complex of suPAR, APOL1 risk variants and αvβ3 integrin on podocytes mediates chronic kidney disease p.945

doi: 10.1038/nm.4362

再生医療:初代培養ヒト肝外胆管細胞由来オルガノイドを用いたマウス肝外胆樹の再構築

Reconstruction of the mouse extrahepatic biliary tree using primary human extrahepatic cholangiocyte organoids p.954

doi: 10.1038/nm.4360

血管恒常性:Plk1は有糸分裂後の平滑筋細胞の収縮を調節し、血管恒常性に必要である

Plk1 regulates contraction of postmitotic smooth muscle cells and is required for vascular homeostasis p.964

doi: 10.1038/nm.4364

インフルエンザ:IFITM3プロモーターでのCTCF結合のSNPによる破壊は、ヒトでの重篤なインフルエンザリスクと関連する

SNP-mediated disruption of CTCF binding at the IFITM3 promoter is associated with risk of severe influenza in humans p.975

doi: 10.1038/nm.4370

Review

マラリア:抗マラリア薬抵抗性:寄生虫である熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)の生物学的性質を臨床につなぐ

Antimalarial drug resistance: linking Plasmodium falciparum parasite biology to the clinic p.917

doi: 10.1038/nm.4381

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度