Nature Medicine 目次

Volume 21 Number 10

表紙について

Minたちは、タウタンパク質のK174のアセチル化がアルツハイマー病(AD)のヒト脳組織で見られる初期の病的変化であることを突き止め、このアセチル化がタウを介した神経変性と記憶障害を悪化させることをマウスで明らかにした。さらに、AD/FTD(前頭側頭型認知症)のマウスモデルでタウのアセチル化を薬理学的に阻害すると、このような表現型が改善されることが分かった。表紙はAD/FTDのPS19トランスジェニックマウスモデルの海馬で、AC312抗体陽性のアセチル化タウ(赤色と赤紫色)とMC1抗体陽性の病原性タウ(青色と緑色)を免疫染色によって示している。 原画像提供:Chao Wang イラスト作製:Connor Ludwig

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

「21世紀の治療」法案は詳細に検討すべきだ

A closer look at the 21st Century Cures Act p.1103

doi: 10.1038/nm.3976

News

体内に潜む危険:サイトメガロウイスルとして知られるウイルスは至る所に存在し、免疫系の力が弱まるとさまざまな炎症性疾患を引き起こす。だが、この病原体を標的とする新たな治療法もまた、続々と開発されつつある

A dormant danger: New therapies target a ubiquitous pathogen known as cytomegalovirus p.1104

doi: 10.1038/nm1015-1104

MERS(中東呼吸器症候群)に対するワクチンの開発が進展しているが、中東ではラクダの感染率が高く、病原体であるコロナウイルスは感染したラクダからヒトへと伝播する。ヒト用とラクダ用のワクチンのどちらを先に開発するのが正解なのだろうか?

MERS vaccines advance, but will humans or camels get the jab? p.1106

doi: 10.1038/nm1015-1106

蚊によって媒介され、発熱と関節痛が特徴のチクングニア熱は急激にその患者が増えているが、以前に中断されたワクチン開発の見直しや各種の症状に関する動物モデルの開発など、研究者の動きも急速に活発化している

Chikungunya is moving fast, but so are researchers in the field p.1107

doi: 10.1038/nm1015-1107

シャーガス病への取り組み:シャーガス病は病原体である原虫がサシガメによって媒介される。効果の高い治療薬はまだなく、慢性感染は心臓発作につながることもある。この感染症の解明に、生物発光するように遺伝子操作した原虫や古くからある薬剤が役立ちそうだ

Bugging out over Chagas: Bioluminescent protozoans and old drugs might help unravel kissing-bug disease p.1108

doi: 10.1038/nm1015-1108

News & Views

CD47遮断はがんの新しい免疫チェックポイント療法となる

CD47 blockade as another immune checkpoint therapy for cancer p.1122

doi: 10.1038/nm.3965

インフルエンザ感染時に抗原提示細胞は抗原を内部調達

Antigen-presenting cells look within during influenza infection p.1123

doi: 10.1038/nm.3971

ストレス誘導性うつ病への感受性とクロマチンリモデリング

Remodeling the susceptibility to stress-induced depression p.1125

doi: 10.1038/nm.3970

卵子幹細胞探索での遠回り:手法が問題

A detour in the quest for oogonial stem cells: methods matter p.1126

doi: 10.1038/nm.3969

Brief Communications

エイズ:多数の祖先株によるHIV-1感染は、単一祖先株による感染よりも高い血中ウイルス量に結び付く

HIV-1 infections with multiple founders are associated with higher viral loads than infections with single founders p.1139

doi: 10.1038/nm.3932

神経補綴装置:高成績を示す神経補綴装置の臨床への応用

Clinical translation of a high-performance neural prosthesis p.1142

doi: 10.1038/nm.3953

Letter

薬剤動態:殺菌活性と結核病巣への薬剤分布の間の関連

The association between sterilizing activity and drug distribution into tuberculosis lesions p.1223

doi: 10.1038/nm.3937

Articles

精神性疾患:ACFクロマチンリモデリング複合体はストレス誘発性のうつ様行動を仲介する

ACF chromatin-remodeling complex mediates stress-induced depressive-like behavior p.1146

doi: 10.1038/nm.3939

神経変性疾患:タウが仲介する神経変性と認知障害におけるアセチル化の重要な役割

Critical role of acetylation in tau-mediated neurodegeneration and cognitive deficits p.1154

doi: 10.1038/nm.3951

がん:BETファミリータンパク質とヒストンデアセチラーゼの同時阻害はエピジェネティクスに基づいた有望な膵管腺がん治療法である

Combined inhibition of BET family proteins and histone deacetylases as a potential epigenetics-based therapy for pancreatic ductal adenocarcinoma p.1163

doi: 10.1038/nm.3952

白血病:PU.1のわずかな減少は前白血病状態を誘導し、急性骨髄性白血病の発症を促進する

Minimal PU.1 reduction induces a preleukemic state and promotes development of acute myeloid leukemia p.1172

doi: 10.1038/nm.3936

白血病:T細胞性急性リンパ芽球性白血病では代謝の再プログラム化が抗NOTCH1治療に対する抵抗性を誘導する

Metabolic reprogramming induces resistance to anti-NOTCH1 therapies in T cell acute lymphoblastic leukemia p.1182

doi: 10.1038/nm.3955

白血病:KMT2Dの破壊は胚中心B細胞の発生を乱しリンパ腫形成を促進する

Disruption of KMT2D perturbs germinal center B cell development and promotes lymphomagenesis p.1190

doi: 10.1038/nm.3940

がん:ヒストンリシンメチルトランスフェラーゼKMT2DはB細胞リンパ腫発症を抑制する遺伝子発現プログラムを持続させる

The histone lysine methyltransferase KMT2D sustains a gene expression program that represses B cell lymphoma development p.1199

doi: 10.1038/nm.3943

がん:CD47の遮断は免疫原性腫瘍のT細胞を介した破壊を誘導する

CD47 blockade triggers T cell–mediated destruction of immunogenic tumors p.1209

doi: 10.1038/nm.3931

インフルエンザ:内因性の抗原プロセシングはインフルエンザに対するCD4+ T細胞一次応答を誘導する

Endogenous antigen processing drives the primary CD4+ T cell response to influenza p.1216

doi: 10.1038/nm.3958

Review

がん:乳がんでの自然免疫監視と治療誘導性の免疫監視

Natural and therapy-induced immunosurveillance in breast cancer p.1128

doi: 10.1038/nm.3944

Resources

微生物学:ヒト腸ウイロームおよび細菌マイクロバイオームの若年期動態

Early life dynamics of the human gut virome and bacterial microbiome in infants p.1228

doi: 10.1038/nm.3950

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度