Nature Medicine 目次

Volume 20 Number 11

表紙について

多能性幹細胞をin vitroで分化させることで、未熟な組織構造体であるヒト腸オルガノイドを形成できる。M Helmrathたちは、このようにして作った腸オルガノイドをin vivo環境に移植して、成熟して機能を持った小腸を形成させた。表紙画像は、多能性幹細胞から生じたヒト小腸をマウス腎被膜下に移植したものを描いている。ヒト腸のDNAはピンク、他のDNAは青、平滑筋は緑、レシピエントマウスの腎臓は赤で示されている。
画像提供:Carey Watson(Cincinnati Children's Hospital Medical Center)

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

FDAの医薬品市販後調査は、患者数が少ないことによる試験の大幅な遅れや、費用が掛かることでの中止など、難航しているものが多い

Biomedical briefing p.1222

doi: 10.1038/nm1114-1222

米国は医療記録を電子カルテなどにして相互利用や共有を円滑に進める計画に取り組んでいるが、相互運用について政府と民間の足並みがそろわない上に資金の問題も解決の見込みがつかず、事態は停滞している

FDA's post-approval studies continue to suffer delays and setbacks p.1224

doi: 10.1038/nm1114-1224

News & Views

TH17–Treg細胞のバランスを変化させる脂肪酸生合成

Fatty acid synthesis tips the TH17-Treg cell balance p.1235

doi: 10.1038/nm.3744

アスパラギンエンドペプチダーゼはタウタンパク質を切断して神経変性を促進する

Asparagine endopeptidase cleaves tau and promotes neurodegeneration p.1236

doi: 10.1038/nm.3749

破骨細胞前駆細胞は骨の血管新生と骨形成を促進する

Osteoclast progenitors promote bone vascularization and osteogenesis p.1238

doi: 10.1038/nm.3747

Letters

幹細胞:多能性幹細胞を用いたヒト小腸のin vivoモデル

An in vivo model of human small intestine using pluripotent stem cells p.1310

doi: 10.1038/nm.3737

血液学:巨核球はCXCL4の分泌を介して造血幹細胞の静止状態を調節する

Megakaryocytes regulate hematopoietic stem cell quiescence through CXCL4 secretion p.1315

doi: 10.1038/nm.3707

血液学:巨核球は造血幹細胞の恒常的静止状態を維持し、傷害後の再生を促進する

Megakaryocytes maintain homeostatic quiescence and promote post-injury regeneration of hematopoietic stem cells p.1321

doi: 10.1038/nm.3706

免疫: de novo脂肪酸合成は制御性T細胞および17型ヘルパーT細胞の間で細胞運命を制御する

De novo fatty acid synthesis controls the fate between regulatory T and T helper 17 cells p.1327

doi: 10.1038/nm.3704

免疫:制御性B細胞は、腸の微生物相によって惹起されるインターロイキン1βおよびインターロイキン6産生によって誘導される

Regulatory B cells are induced by gut microbiota–driven interleukin-1β and interleukin-6 production p.1334

doi: 10.1038/nm.3680

Articles

神経変性疾患:アスパラギンエンドペプチダーゼによるタウ切断はアルツハイマー病で神経原繊維の病的変化を引き起こす

Cleavage of tau by asparagine endopeptidase mediates the neurofibrillary pathology in Alzheimer's disease p.1254

doi: 10.1038/nm.3700

糖尿病:ニクロサミドエタノールアミンが誘発する軽度のミトコンドリア脱共役はマウスで糖尿病の症状を改善する

Niclosamide ethanolamine–induced mild mitochondrial uncoupling improves diabetic symptoms in mice p.1263

doi: 10.1038/nm.3699

骨形成:前破骨細胞が分泌するPDGF-BBは骨形成と連結した血管新生を引き起こす

PDGF-BB secreted by preosteoclasts induces angiogenesis during coupling with osteogenesis p.1270

doi: 10.1038/nm.3668

骨形成:骨芽細胞由来のWNT16は破骨細胞形成を抑制して皮質骨の脆弱性骨折を防止する

Osteoblast-derived WNT16 represses osteoclastogenesis and prevents cortical bone fragility fractures p.1279

doi: 10.1038/nm.3654

肺疾患:肺高血圧では増殖性シグナル伝達と炎症誘導性シグナル伝達がFoxO1転写因子に収束する

Pro-proliferative and inflammatory signaling converge on FoxO1 transcription factor in pulmonary hypertension p.1289

doi: 10.1038/nm.3695

がん:化学療法の有効性に対するI型インターフェロンシグナル伝達のがん細胞自律的寄与

Cancer cell–autonomous contribution of type I interferon signaling to the efficacy of chemotherapy p.1301

doi: 10.1038/nm.3708

Review

生化学:疾患の病因と治療におけるユビキチン化

Ubiquitination in disease pathogenesis and treatment p.1242

doi: 10.1038/nm.3739

Technical Reports

がん:膵臓がんの時間特異的および宿主特異的標的化のための次世代型デュアルリコンビナーゼ系

A next-generation dual-recombinase system for time- and host-specific targeting of pancreatic cancer p.1340

doi: 10.1038/nm.3646

がん:リンパ節中の微視的な量の腫瘍の巨視的デュアルトレーサー分子画像化法による定量

Microscopic lymph node tumor burden quantified by macroscopic dual-tracer molecular imaging p.1348

doi: 10.1038/nm.3732

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度