Nature Medicine 目次

Volume 20 Number 1

表紙について

蚊が吸血する際に伝播したマラリア原虫は次いで肝臓に感染し、そこで分化・増殖するが、この段階では臨床的な症状は検知されない。にもかかわらず、肝細胞は原虫を感知してインターフェロン応答が誘発され、原虫の増加が抑制されることをM Motaたちが報告している。表紙は、マウス肝細胞(赤色)とマラリア原虫(緑色)、DNA(青色)である(画像提供:Peter Liehl)。

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

エピジェネティクスな修飾の解析が盛んになったことで、DNAに生じたエピジェネティックな変化、中でも疾患に関連する変化を迅速に検出する新たな診断薬が開発されそうだ

Revved-up epigenetic sequencing may foster new diagnostics p.2

doi: 10.1038/nm0114-2

データ共有に同意した複数の製薬会社が参加し、それぞれが持つ分子標的薬候補の効果を競わせることで有効性を検証しながら、それらの分子標的薬のバイオマーカーの開発も同時に行って、試験の迅速化と費用効率のアップを実現するI-SPY2型の臨床試験はこれまで抗がん剤に限られていたが、アルツハイマー病などのがん以外の分野でも行われることになりそうだ

Multicompany trials adapt to disciplines beyond cancer p.3

doi: 10.1038/nm0114-3

ジュノー社ががん免疫療法薬開発のための1億2千万ドルもの資金調達に成功したことは、ベンチャーキャピタルの新しい投資スタイルを示している

Juno's whopping $120 million success signals new investing style p.4

doi: 10.1038/nm0114-4

欧州委員会と欧州製薬業団体連合会の官民連繋プログラムで、より良質で安価な医薬品開発を目的とする革新的医薬品イニシアチブ(IMI)による研究の第1期は終了間近だが、実施されたプロジェクトでは感染症研究が大きな割合を占めている

Infectious disease leads in first phase of Europe's IMI effort p.5

doi: 10.1038/nm0114-5

地元の研究者との連携は義務化すべきである

Partnering with local scientists should be mandatory p.12

doi: 10.1038/nm0114-12

Between Bedside and Bench

サーチュインが見せるさまざまな顔:サーチュインとワールブルク効果

The Many Faces of Sirtuins: Sirtuins and the Warburg effect p.24

doi: 10.1038/nm.3438

サーチュインが見せるさまざまな顔:NAD代謝、サーチュイン、寿命を結びつける

The Many Faces of Sirtuins: Coupling of NAD metabolism, sirtuins and lifespan p.25

doi: 10.1038/nm.3447

News & Views

がん幹細胞の泣きどころである自己複製を標的に

Targeting self-renewal, an Achilles' heel of cancer stem cells p.14

doi: 10.1038/nm.3434

善玉から悪玉へ:Foxp3を発現しなくなったTreg細胞は自己免疫性関節炎を助長する

Good guys gone bad: exTreg cells promote autoimmune arthritis p.15

doi: 10.1038/nm.3439

マラリア感染が肝細胞期に至ると肝細胞は黙っていない

Hepatocytes break the silence during liver-stage malaria p.17

doi: 10.1038/nm.3446

肥満と喘息を結びつける自然リンパ球

An innate link between obesity and asthma p.19

doi: 10.1038/nm.3433

Letters

免疫:ヒトの自己免疫疾患では制御性T細胞の増殖能が障害されている

Regulatory T cell proliferative potential is impaired in human autoimmune disease p.69

doi: 10.1038/nm.3411

感染症:活動性や潜在性の結核では、殺菌作用が宿主内で均一でないにもかかわらず肉芽腫での結核菌消失が共通して起こる

Sterilization of granulomas is common in active and latent tuberculosis despite within-host variability in bacterial killing p.75

doi: 10.1038/nm.3412

脂質代謝:クラスリンアダプターNumbはNPC1L1との動的な相互作用を介して腸のコレステロール吸収を調節する

The clathrin adaptor Numb regulates intestinal cholesterol absorption through dynamic interaction with NPC1L1 p.80

doi: 10.1038/nm.3417

がん:薬理学的プロファイリングおよびゲノムプロファイリングにより明らかになった、マントル細胞リンパ腫でのNF-κBを標的とする治療戦略

Pharmacological and genomic profiling identifies NF-κB–targeted treatment strategies for mantle cell lymphoma p.87

doi: 10.1038/nm.3435

Articles

がん:ヒト大腸がんで自己複製を治療標的とする

Self-renewal as a therapeutic target in human colorectal cancer p.29

doi: 10.1038/nm.3418

腎疾患:循環血中angiopoietin-like 4はネフローゼ症候群で見られるタンパク尿と高トリグリセリド血症を結びつける

Circulating angiopoietin-like 4 links proteinuria with hypertriglyceridemia in nephrotic syndrome p.37

doi: 10.1038/nm.3396

感染症:プラスモジウムに対する宿主細胞センサーは肝細胞期感染に対して自然免疫を活性化する

Host-cell sensors for Plasmodium activate innate immunity against liver-stage infection p.47

doi: 10.1038/nm.3424

喘息:インターロイキン17を産生する自然リンパ球とNLRP3インフラマソームは肥満に関連する気道過敏を促進する

Interleukin-17–producing innate lymphoid cells and the NLRP3 inflammasome facilitate obesity-associated airway hyperreactivity p.54

doi: 10.1038/nm.3423

免疫:自己免疫性関節炎で見られる、Foxp3+ T細胞から病原性のTH17細胞への転換

Pathogenic conversion of Foxp3+ T cells into TH17 cells in autoimmune arthritis p.62

doi: 10.1038/nm.3432

Technical Reports

画像化法:過分極させた13C標識グルコースを使う磁気共鳴法による、腫瘍での解糖の画像化

Magnetic resonance imaging of tumor glycolysis using hyperpolarized 13C-labeled glucose p.93

doi: 10.1038/nm.3416

画像化法:ヒト肝臓ミトコンドリアでの酸化的代謝とアナプレロティック反応のフラックスをダイナミック13C磁気共鳴分光法によって直接評価する

Direct assessment of hepatic mitochondrial oxidative and anaplerotic fluxes in humans using dynamic 13C magnetic resonance spectroscopy p.98

doi: 10.1038/nm.3415

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度