Nature Medicine 目次

Volume 17 Number 3

ハンチントン病はミトコンドリアの機能異常とニューロン死が特徴である。E Bossy-Wetzelたちは、ハンチントン病でみられる変異型タンパク質とミトコンドリアの分裂の制御にかかわるタンパク質DRP1の異常な相互作用によって、DRP1が活性化されニューロン死が起こることを報告している。表紙はミトコンドリアの内部にみられるクリステという陥入構造。
LETTER p. 377
特集:がん
がん研究分野でこの3年間に達成された重要な進展はどんなものだろうか。この特集では、がん研究について広範囲にわたる考察を行い、この問いの答えを探っている。
表紙写真:Chris Collins/Corbis

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News

OPINION:値段は法外でも、がん新薬への支払いは経済的に意味がある

Despite steep costs, payments for new cancer drugs make economic sense p.244

doi: 10.1038/nm0311-244

NEWS FEATURE:ホウレンソウ恐怖症の犯人から、がん治療薬への転進

From spinach scare to cancer care p.273

doi: 10.1038/nm0311-273

Between Bedside and Bench

BENCH TO BEDSIDE:ウイルス性肝炎に対する免疫を補強する

A siege of hepatitis: Immune boost for viral hepatitis p.252

doi: 10.1038/nm0311-252

BEDSIDE TO BENCH:反抗的なウイルスと戦う

A siege of hepatitis: Fighting a defiant virus p.253

doi: 10.1038/nm0311-253

Community Corner

COMMUNITY CORNER 
出生前遺伝子検査という「パンドラの箱」を開ける

Community Corner: Opening the Pandora's box of prenatal genetic testing p.250

doi: 10.1038/nm0311-250

News & Views

「ミッシングリンク」をがん治療の標的にする

Targeting the missing links for cancer therapy p.283

doi: 10.1038/nm0311-283

がんにおけるB細胞とマクロファージ:絡み合う関係

B cells and macrophages in cancer: yin and yang p.285

doi: 10.1038/nm0311-285

RAFに狙いをつける:臨床試験の成功とその後の苦難

Targeting RAF: trials and tribulations p.286

doi: 10.1038/nm0311-286

耐性、エピジェネティクスとがんの生態系

Resistance, epigenetics and the cancer ecosystem p.288

doi: 10.1038/nm0311-288

がんの標的治療薬に加わるALK阻害剤

Hunting ALK to feed targeted cancer therapy p.290

doi: 10.1038/nm0311-290

たがの外れた代謝:がんにみられるIDH変異

Metabolism unhinged: IDH mutations in cancer p.291

doi: 10.1038/nm0311-291

Perspectives

がんゲノミクス:発見科学から個別化医療へ

Cancer genomics: from discovery science to personalized medicine p.297

doi: 10.1038/nm.2323

竜を飼いならす: がんの個別化医療のためのゲノムバイオマーカー

Taming the dragon: genomic biomarkers to individualize the treatment of cancer p.304

doi: 10.1038/nm.2311

Letters

結核:優勢なTNF-α+結核菌特異的CD4+ T細胞応答によって潜伏感染と活動性疾患とが判別される

Dominant TNF-α+ Mycobacterium tuberculosis–specific CD4+ T cell responses discriminate between latent infection and active disease p.372

doi: 10.1038/nm.2299

ハンチントン病:変異型ハンチンチンは、ミトコンドリアの分裂制
御にかかわるGTPアーゼのダイナミン関連タンパク質1に結合してその酵素活性を上昇させる

Mutant huntingtin binds the mitochondrial fission GTPase dynamin-related protein-1 and increases its enzymatic activity p.377

doi: 10.1038/nm.2313

Articles

感染症:Ksr1は肺への緑膿菌感染を防止する

Kinase suppressor of Ras-1 protects against pulmonary Pseudomonas aeruginosa infections p.341

doi: 10.1038/nm.2296

がん:UBE4Bは腫瘍抑制因子p53のHdm2による分解を促進する

UBE4B promotes Hdm2-mediated degradation of the tumor suppressor p53 p.347

doi: 10.1038/nm.2283

糖尿病:XBP-1−FoxO1相互作用を介したグルコース恒常性調節

Regulation of glucose homeostasis through a XBP-1–FoxO1 interaction p.356

doi: 10.1038/nm.2293

エイズ:STEP臨床試験から得られた変異HIV-1配列に
ワクチン接種が及ぼす遺伝学的影響

Genetic impact of vaccination on breakthrough HIV-1 sequences from the STEP trial p.366

doi: 10.1038/nm.2316

Reviews

がん幹細胞:根拠、将来性および難題

The cancer stem cell: premises, promises and challenges p.313

doi: 10.1038/nm.2304

我々はなぜもっとがんにかからないのか。
微小環境ががん進行抑制に果たすと考えられている役割

Why don't we get more cancer? A proposed role of the microenvironment in restraining cancer progression p.320

doi: 10.1038/nm.2328

腫瘍学の主流となったがんエピジェネティクス

Cancer epigenetics reaches mainstream oncology p.330

doi: 10.1038/nm.2305

Technical Report

動脈硬化:エラスチン特異的な磁気共鳴造影剤を使った
アテローム性プラーク負荷の評価法

Assessment of atherosclerotic plaque burden with an elastin-specific magnetic resonance contrast agent p.383

doi: 10.1038/nm.2310

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度