Volume 54 Number 4

HLA対立遺伝子はTCR超可変領域を制限する

HLA対立遺伝子は、TCR(T細胞受容体)のアミノ酸組成に影響を与えている。毛糸で表されたDNAには、異なる色で表されたHLA対立遺伝子が含まれ、TCRの編み物が作り出される。赤い色で示したHLA対立遺伝子は、病因性TCRを増加させ、周囲の編み物を障害するリスク対立遺伝子である。石垣たちは、TCRに対するHLA遺伝子制御をマッピングし、定量化するための統計的手法を開発した。

参照論文:Ishigaki et al. Article p.393
画像制作:Mao Miyamoto、Photo 49151268 ©Jenifoto406
表紙デザイン:Valentina Monaco

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

News & Views

COVID-19:ゲノムワイド関連解析からCOVID-19を理解する

Understanding COVID-19 through genome-wide association studies p.368

doi: 10.1038/s41588-021-00985-x

3Dゲノミクス:BETタンパク質は三次元ゲノム構造のループ形成と区画化を担う

BET proteins loop and compartmentalize the 3D genome p.370

doi: 10.1038/s41588-022-01031-0

行動遺伝学:遺伝学から教育への道は間接的

Indirect paths from genetics to education p.372

doi: 10.1038/s41588-021-00999-5

Articles

COVID-19:COVID-19の表現型の定義を拡張することで、遺伝的関連と防御効果に関する独特なパターンが明らかになった

Expanded COVID-19 phenotype definitions reveal distinct patterns of genetic association and protective effects p.374

doi: 10.1038/s41588-022-01042-x

COVID-19:ゲノムワイドな解析から、ACE2はCOVID-19のリスクに影響を及ぼし、重症COVID-19に関連するリスクスコアを示せるという遺伝的証拠が得られた

Genome-wide analysis provides genetic evidence that ACE2 influences COVID-19 risk and yields risk scores associated with severe disease p.382

doi: 10.1038/s41588-021-01006-7

自己免疫疾患:HLAの自己免疫リスク多型はT細胞受容体の超可変領域を制限する

HLA autoimmune risk alleles restrict the hypervariable region of T cell receptors p.393

doi: 10.1038/s41588-022-01032-z

顔貌:東アジア系集団とヨーロッパ系集団の間に見られる顔貌の差異の基盤となる遺伝的バリアント

Genetic variants underlying differences in facial morphology in East Asian and European populations p.403

doi: 10.1038/s41588-022-01038-7

神経変性疾患:アルツハイマー病および関連認知症の遺伝学的病因に対する新しい洞察

New insights into the genetic etiology of Alzheimer’s disease and related dementias p.412

doi: 10.1038/s41588-022-01024-z

教育達成度:300万人規模のゲノムワイド関連解析による、家族内および家族間の教育達成度についての多遺伝子予測

Polygenic prediction of educational attainment within and between families from genome-wide association analyses in 3 million individuals p.437

doi: 10.1038/s41588-022-01016-z

多遺伝子リスクスコア:ファインマッピングと複数の集団の訓練データを利用して多数の集団にわたる多遺伝子リスクスコアを改善する

Leveraging fine-mapping and multipopulation training data to improve cross-population polygenic risk scores p.450

doi: 10.1038/s41588-022-01036-9

乳がん:H3K27me3はトリプルネガティブ乳がんの薬剤耐性を制御する

H3K27me3 conditions chemotolerance in triple-negative breast cancer p.459

doi: 10.1038/s41588-022-01047-6

DNAメチル化と発生運命決定:DNMT3A依存的DNAメチル化は精原幹細胞の精子形成への運命拘束に必要とされる

DNMT3A-dependent DNA methylation is required for spermatogonial stem cells to commit to spermatogenesis p.469

doi: 10.1038/s41588-022-01040-z

3Dゲノミクス:BRD2は接近可能なゲノムを区画化する

BRD2 compartmentalizes the accessible genome p.481

doi: 10.1038/s41588-022-01044-9

肺がん:ヒト気管支上皮細胞における加齢と喫煙に関連した体細胞変異の単一細胞解析

Single-cell analysis of somatic mutations in human bronchial epithelial cells in relation to aging and smoking p.492

doi: 10.1038/s41588-022-01035-w

Analysis

COVID-19:SARS-CoV-2のゲノムサーベイランスとデータ共有の世界的な状況

Global landscape of SARS-CoV-2 genomic surveillance and data sharing p.499

doi: 10.1038/s41588-022-01033-y

脳機能:内因性のヒト脳機能ネットワークに関与するありふれたバリアント

Common variants contribute to intrinsic human brain functional networks p.508

doi: 10.1038/s41588-022-01039-6

Technical Report

遺伝子型判定:パンゲノムベースのゲノム推論が幅広い変異のクラスで効率的かつ正確な遺伝子型判定を可能にする

Pangenome-based genome inference allows efficient and accurate genotyping across a wide spectrum of variant classes p.518

doi: 10.1038/s41588-022-01043-w

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度