今月号

Volume 52 Number 12

エピジェネティックな時計仕掛け

クロマチン調節は、複雑に仕組まれた時計仕掛けのようだ。相互に結び付けられたさまざまな経路から構成されており、遺伝子の転写を制御するように、アウトプットを制御する。2020年12月号のNature Geneticsでは、MorganとShilatifardが、転写調節をはじめとするDNAの鋳型を用いる過程における、ヒストン修飾酵素の触媒的機能と非触媒的機能の理解に関する近年の進歩について、議論を交わしている。この表紙はクロマチン調節ネットワークを示しており、歯車はDNAのつながったヌクレオソームを、計器類は遺伝子発現といった機能的アウトプットを表している。

参照論文:Morgan and Shilatifard, Perspective p.1271
画像制作:Nicole Ethen
表紙デザイン:Erin Dewalt

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

News & Views

炎症性疾患:核でのcGASによる支配を弱める

Loosening the grip on nuclear cGAS p.1269

doi: 10.1038/s41588-020-00746-2

Perspective

エピジェネティクス:転写調節におけるヒストン修飾酵素とそれらに伴うクロマチン修飾の役割の再評価

Reevaluating the roles of histone-modifying enzymes and their associated chromatin modifications in transcriptional regulation p.1271

doi: 10.1038/s41588-020-00736-4

Articles

COVID-19:インターフェロンやウイルスは、完全長のSARS-CoV-2受容体を誘導するのではなく、新しい短縮型ACE2アイソフォームを誘導する

Interferons and viruses induce a novel truncated ACE2 isoform and not the full-length SARS-CoV-2 receptor p.1283

doi: 10.1038/s41588-020-00731-9

COVID-19:内在性レトロエレメントを利用する非機能性ACE2の組織特異的でインターフェロン誘導性の発現

Tissue-specific and interferon-inducible expression of nonfunctional ACE2 through endogenous retroelement co-option p.1294

doi: 10.1038/s41588-020-00732-8

頭蓋内動脈瘤:頭蓋内動脈瘤のゲノムワイド関連解析による、臨床的リスク因子との遺伝学的重複を有する17のリスク座位の特定

Genome-wide association study of intracranial aneurysms identifies 17 risk loci and genetic overlap with clinical risk factors p.1303

doi: 10.1038/s41588-020-00725-7

血圧:130万人を対象としたメタ解析による血圧調節に関連するレアバリアントの発見

Discovery of rare variants associated with blood pressure regulation through meta-analysis of 1.3 million individuals p.1314

doi: 10.1038/s41588-020-00713-x

赤血球:シグナル伝達転写因子の結合部位のありふれたバリアントは赤血球形質の表現型のばらつきを引き起こす

Common variants in signaling transcription-factor-binding sites drive phenotypic variability in red blood cell traits p.1333

doi: 10.1038/s41588-020-00738-2

多遺伝子リスクスコア:ポリジェニックリスクスコアの民族集団間移植性は、予測される細胞種特異的調節配列内のバリアントを優先することで改善する

Improving the trans-ancestry portability of polygenic risk scores by prioritizing variants in predicted cell-type-specific regulatory elements p.1346

doi: 10.1038/s41588-020-00740-8

複雑形質:複雑形質の遺伝率についての機能情報に基づく精細マッピングと多遺伝子位置確認

Functionally informed fine-mapping and polygenic localization of complex trait heritability p.1355

doi: 10.1038/s41588-020-00735-5

免疫:ヒストンmRNA前駆体のプロセシングの先天的な異常による、cGASを介したI型インターフェロンの誘導

cGAS-mediated induction of type I interferon due to inborn errors of histone pre-mRNA processing p.1364

doi: 10.1038/s41588-020-00737-3

黒色腫:統合的解析で明らかになった分子ドライバーが黒色腫の生物学的および臨床的状態に関係する

Integrated molecular drivers coordinate biological and clinical states in melanoma p.1373

doi: 10.1038/s41588-020-00739-1

エピジェネティクス:BAHCC1は保存されたBAHモジュールを介してH3K27me3に結合し、遺伝子サイレンシングと発がんを仲介する

BAHCC1 binds H3K27me3 via a conserved BAH module to mediate gene silencing and oncogenesis p.1384

doi: 10.1038/s41588-020-00729-3

液–液相分離:歌舞伎症候群においてMLL4関連凝縮物がポリコームを介した核の機械的ストレスを相殺する

MLL4-associated condensates counterbalance Polycomb-mediated nuclear mechanical stress in Kabuki syndrome p.1397

doi: 10.1038/s41588-020-00724-8

コムギ:コムギ属の塩基配列決定により得られたコムギの適応進化についての新たな知見

Triticum population sequencing provides insights into wheat adaptation p.1412

doi: 10.1038/s41588-020-00722-w

リンゴ:ハプロタイプを区別した二倍体ゲノムアセンブリーとパンゲノムがリンゴの栽培化の遺伝的歴史に新たな知見を提供

Phased diploid genome assemblies and pan-genomes provide insights into the genetic history of apple domestication p.1423

doi: 10.1038/s41588-020-00723-9

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度