News in Focus

「変異シグネチャー」でがんの起源に迫る

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220711

原文:Nature (2022-04-21) | doi: 10.1038/d41586-022-01095-2 | Trove of tumour genomes offers clues to cancer origins

Heidi Ledford

過去最大規模の腫瘍ゲノム研究により、がんの起源の手掛かりとなる変異パターンが明らかになった。

肺がん細胞。変異シグネチャーの特定はがんの個別化治療の実現につながる可能性がある。 | 拡大する

STEVE GSCHMEISSNER/Science Photo Library/Getty

1万2000以上の腫瘍検体のゲノムに潜む何億もの変異を丹念に調べることで、がんの遺伝的・環境的原因を突き止める手掛かりとなるDNA変化のパターンが特定された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度