News in Focus

炭化したタバコの種子を1万2000年前の人々の集落で発見

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220114

原文:Nature (2021-10-21) | doi: 10.1038/d41586-021-02789-9 | Burnt seeds show people used tobacco 12,000 years ago

Tosin Thompson

石器時代の狩猟採集民も、タバコを噛んだり、燃した煙を吸ったりしていたようだ。それを示す最古の証拠が発見された。

遺跡で見つかったタバコの種子。 | 拡大する

約1万2300年前の北米の狩猟採集民が「たばこ」を使っていた証拠が発見された。それは、これまでの記録を9000年さかのぼるものだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度