News in Focus

欧州の1000億ユーロの研究資金がもたらす変化

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210614

原文:Nature (2021-02-25) | doi: 10.1038/d41586-021-00496-z | How Europe’s €100-billion science fund will shape 7 years of research

Quirin Schiermeier

欧州の巨額の科学研究資金助成計画「ホライズンヨーロッパ」は、助成金申請の募集を始めた。オープンサイエンスから目標重視の「ミッション」まで、ホライズンヨーロッパがもたらす変化を解説する。

欧州委員会の研究・科学・イノベーション担当の前委員Carlos Moedas(左)と、目標を明確化した「ミッション」をEUの科学研究資金に導入することを提唱した経済学者Mariana Mazzucato。 | 拡大する

JENNIFER JACQUEMART/EUROPEAN UNION

欧州連合(EU)の巨額の科学研究資金助成計画「ホライズンヨーロッパ」が2021年2月、初めての助成金申請の募集を始めた。この計画は、27のEU加盟国と10カ国以上の非加盟国の研究者が行う科学研究や国際共同研究プロジェクトに、2021年から2027年までの7年間で955億ユーロ(約12兆円、COVID-19回復基金からの54億ユーロを含む)を助成するものだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度