Publishing Academy

学術界サバイバル術入門 — 査読をする③:査読レポートを書く(前編)

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210334

ここまで、査読依頼が来たらどうするか、査読をどのように行うかについてお話ししました。今回は、編集者と著者に伝わる査読レポートの書き方について前編・後編に分けて詳しくお話しします。

拡大する

Feodora Chiosea/iStock/Getty

学術界サバイバル術入門
Powered by

学術界で成功するためのワークショップ

有能な査読者になるための3回シリーズも、今回がいよいよ最終回です。第1回と第2回では、査読依頼を受ける前、そして論文原稿を評価する際に考察すべき重要な点についてお話ししました。今回は、あなたが論文原稿を読んで気付いた問題点を、査読レポートでどうやって編集者や著者に伝えたらいいかを考えていきます。この前編では、査読レポートを書く際の重要なポイントについて、後編では体裁について、具体例を用いて説明していきます。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度