News & Views

民主主義と専門知識をつなぐ市民会議

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211132

原文:Nature (2021-08-26) | doi: 10.1038/d41586-021-02006-7 | A bridge across the democracy–expertise divide

Mark E. Warren

市民会議を構成する代表人をより公正に選択するための 革新的なアルゴリズムが報告された。そのように選出された人々からなるグループは、民主主義と専門知識の間のギャップを埋める助けになりそうだ。

専門家と市民の間の隔たりはますます広がりつつある。科学への不信感が高まっており、証拠に基づく意思決定に異議を唱える陰謀説も増えている。民主的な社会やプロセスのための専門知識を提供する機関(行政機関、大学、研究機関)に対するポピュリスト(大衆主義者)の攻撃は、ソーシャルメディアにあおられて、増加している。専門知識を統治に利用できるようにしつつ、民主主義を強化することはできるだろうか? カーネギー・メロン大学(米国ペンシルベニア州ピッツバーグ)のBailey Flaniganら1は、Nature 2021年8月26日号548ページで、政治と専門知識を組み合わせることが多い問題について助言する任務を負った市民の代表グループを、公平かつ民主的に選択する方法を提示している。このように選ばれた市民代表グループは、従来の選挙民主主義制度を補完するものとして、民主主義と専門知識の隔たりを埋める有望な手段である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度