News & Views

ロイシンが重要なシグナル伝達を調節する仕組み

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211135

原文:Nature (2021-08-12) | doi: 10.1038/d41586-021-01943-7 | How the amino acid leucine activates the key cell-growth regulator mTOR

Tibor Vellai

細胞は栄養素を感知することにより、現在置かれている状況に合わせて増殖を調整できる。今回、タンパク質複合体であるmTORC1によって、特定のアミノ酸のレベルに合わせて細胞の増殖を調整できることが明らかになり、特にロイシンを感知してmTORC1が活性化される仕組みがより明確になった。

mTORタンパク質はキナーゼと呼ばれるタイプの酵素であり、mTORC1およびmTORC2という2つの異なる複合体として機能する。mTORC1は、栄養素の利用性や、細胞分裂を促進するホルモン依存性シグナルに応答して、細胞の成長や増殖を促す。このほど北京大学および北京大学–清華大学生命科学研究所(共に中国)のJie Chen(陳杰)ら1は、mTORC1が特定のアミノ酸ロイシンによって調節される仕組みについての手掛かりを、Nature 2021年8月12日号281ページで報告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度