News in Focus

宇宙にある極低温実験室で奇妙な物質状態を生成

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200905

原文:Nature (2020-06-11) | doi: 10.1038/d41586-020-01773-z | Universe’s coolest lab creates bizarre quantum matter in space

Elizabeth Gibney

国際宇宙ステーションの極低温実験室でボース・アインシュタイン凝縮体が生成された。量子物理学の謎をこれまで以上に詳細に探ることが可能になった。

既知の宇宙で最も温度の低い場所の1つである「宇宙冷却原子実験室(CAL)」は、国際宇宙ステーションに設置されている。 | 拡大する

NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute

物理学者が極低温原子から作り出したエキゾチックな物質状態を利用して、巨視的なスケールで量子現象を探れるようになってから25年になる。このほど、宇宙空間でも同様の実験ができるようになったことが報告された。物理学者たちがボース・アインシュタイン凝縮体を作製した場所は、米航空宇宙局(NASA)が1億ドル(約110億円)を投じて開発し、2018年6月に国際宇宙ステーションで運用を開始した「宇宙冷却原子実験室(Cold Atom Lab:CAL)」だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度