Feature

遺伝子編集の新機軸として脚光を浴びだしたRNA編集

RNA編集はCRISPRに代わる遺伝子編集技術として、可逆的で融通が利く治療法をもたらしてくれそうだ。

拡大する

ILLUSTRATIONS BY JOANNA GĘBAL

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200522

原文:Nature (2020-02-06) | doi: 10.1038/d41586-020-00272-5 | Step aside CRISPR, RNA editing is taking off

Sara Reardon

Thorsten Stafforstは最悪のタイミングで大きなチャンスと出会った。チュービンゲン大学(ドイツ)の彼のチームは、遺伝子操作したRNA鎖に酵素を連結させることで、細胞内のメッセンジャーRNA(mRNA)分子の塩基配列を変更できることを見つけたのだ。つまり彼らは、タンパク質合成の途中でゲノムの指令を実質的に書き換えることができたわけである。2012年のことだった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度