News in Focus

2020年 注目の科学イベント

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200202

原文:Nature (2019-12-20) | doi: 10.1038/d41586-019-03910-9 | The science events to watch for in 2020

Davide Castelvecchi

今年の科学も、目を離すことのできない出来事が目白押しだ。火星への本格進出や、気候変動枠組条約締約国会議(COP26)の開催の他、さまざまな研究で進展が見込まれる。

火星への進出

2020年には、複数の火星ミッションが予定されている。NASAの「マーズ2020」ミッションでは、ローバーから分離できるヘリコプター型ドローンが搭載される。 | 拡大する

NASA/JPL-CALTECH

2020年には3機の着陸船を含む複数の火星探査機が打ち上げられ、火星への進出が本格化する。NASAはマーズ2020ローバーを打ち上げる。このローバーは火星で岩石サンプルを採取して火星表面に保管する(将来のサンプルリターンミッションに備えるため)他、小型のヘリコプター型ドローンを分離して飛ばす予定だ(2017年4月号「火星の石を持ち帰れ!」参照)。中国は最初の火星着陸船「火星1号(Huoxing-1)」と小型ローバーを送り込む。欧州宇宙機関(ESA)は、ローバーの着陸用パラシュートの問題を解決できれば、ロシアの宇宙船を使って火星に送り込む予定だ。アラブ首長国連邦も、アラブ諸国による最初の火星ミッションとして、火星周回軌道に人工衛星を投入する。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度