2020年2月号Volume 17 Number 2

投稿前スクリーニングで不正を防ぐ

発表した研究成果の中に、捏造や改ざん、盗用が行われたデータや結果がある場合、不正行為に当たる。それが故意ではなく、不注意によるミスであってもだ。出版社では、論文中の画像に不適切な操作が行われていないか点検するようになったが、いくつかの研究機関は、研究不正を未然に防ぐため、所属研究者の論文原稿が投稿される前に独立の機関に点検を依頼しているという。

PR

Free access

先日東京で開かれたシンポジウムでは、データサイエンスがメンタルヘルス研究に革新をもたらす可能性が探られた。

Free access

ネイチャー・リサーチが、日本の研究者と学生に対し、学術論文の執筆やその指導に関するアンケートを行った。その結果、メンターや先輩を頼りたくても頼れない現代の若手研究者の姿が浮かび上がってきた。
Top of page ⤴

Editorial

Free access

研究風土を全面的に刷新しなければ、大学院生の心の健康はますます損なわれてしまう可能性がある。

Top of page ⤴

News in Focus

今年の科学も、目を離すことのできない出来事が目白押しだ。火星への本格進出や、気候変動枠組条約締約国会議(COP26)の開催の他、さまざまな研究で進展が見込まれる。

サルの胚を体外で受精後20日目まで培養したことが報告された。これにより、ヒトの胚を体外でどこまで育てることが許されるのかという議論が再燃しそうだ。

インドネシアの洞窟で、動物や空想上の生き物が描かれた岩絵が発見された。その年代から、この壁画は物語の一場面を描いた人類最古の芸術作品と考えられるという。

Free access

助成金を配分する課題を選ぶに当たり順位を決めねばならないが、申請の大部分が申請基準を満たし、かつ甲乙つけがたい研究だ。それに、社会に変革をもたらす研究を予想するのは極めて難しい。そうした中、研究資金を無作為に配分する助成機関が増えている。

2019年は、人類が初めてブラックホールの直接撮像に成功した年として歴史に残ることでしょう。また、地球上の微小な生き物を斬新な視点で捉えた画像や、地球の気候変動の不吉な予兆を示す写真も得られました。この特集では、Nature が厳選した科学や自然界に関連する印象的な画像を紹介します。

Top of page ⤴

Feature

Free access

故意や過失による研究不正を未然に防ぐため、所属科学者の論文原稿のスクリーニングを独立の機関に有償で依頼する研究機関が出てきた。

Top of page ⤴

News & Views

ミューオン水素の分光で得られた陽子半径の測定値は、それまでの陽子半径の測定結果と食い違い、議論を巻き起こした。今回、通常の水素を使った陽子半径の精密な測定が、原子物理学と原子核物理学の手法でそれぞれ行われ、いずれもミューオン水素で得られた結果と一致した。

フェロトーシスと呼ばれるタイプの細胞死を防ぐメカニズムが発見されたことで、生体膜の至る所に存在する保護的な成分の再生システムが明らかになり、抗がん剤の標的となる可能性がある。

免疫系のT細胞受容体や抗体をコードする多様な遺伝子は、離れた場所にあるDNA領域が並置されて、連結される組換えが起こることで形成される。今回、B細胞受容体のV(D)J組換えと抗体のクラススイッチ組換えのどちらもが、コヒーシンと呼ばれるタンパク質の環を介した DNAの突出に依存して起こるらしいことが分かった。

Top of page ⤴

News Scan

Top of page ⤴

Where I Work

Top of page ⤴

Highlights

Top of page ⤴