2020年1月号Volume 17 Number 1

特集:Nature の150年

Nature は2019年11月に創刊150周年を迎えた。表紙(go.nature.com/n150int)は、Nature に掲載された1900年以降の論文について、共引用ネットワークを可視化したものである。分野ごとに色分けし、ある論文内で同時に引用された各論文をリンクさせている(ドットサイズは共引用リンクの数を反映)。論文間の関係を俯瞰できるだけでなく、多分野にわたる研究と発見のネットワークがNature において構築されてきたことが分かる。その他、「データで見るNature の150年」「産業界の科学は信用できるか?」「科学は時代と共に変わらねばならない」「新分野を拓いたNature 論文10選」、社説(Nature 創刊150周年:科学的根拠による真理の探究、Nature の新しい姿)も収録。

PR

Free access

Free access

シュプリンガー・ネイチャーは、欧米で導入が著しく進む電子書籍(eBook)についてのフォーラムを、図書館総合展 教育・学術情報オープンサミット2019にて開催した。電子書籍が学術研究の成果発信の場になること、また、異分野融合や新領域の創生の架け橋となることなど、多岐にわたるポテンシャルを紹介した。
Top of page ⤴

Editorials

Free access

このデジタル時代に研究成果がもっと明確に伝わるように、Nature のデザインを手直ししました。

Top of page ⤴

News

オリンピックに備える日本は、感染した場合に致死率の高いエボラ出血熱ウイルスなどの致死率の高い5種の病原体を輸入した。検査体制を強化するのが目的だ。

Top of page ⤴

News Features

進化の過程では、古い遺伝子に手を加えて新しい遺伝子が作り出されると長い間考えられてきたが、自然選択はそれよりはるかに創造的なことが分かってきた。

Top of page ⤴

Comments

今日の科学システムの形成に至る150年を概観するエッセーシリーズ。今回は、企業による研究が爆発的に増大し断片化していった過程を、歴史学者Paul Lucierがたどる。

Free access

科学研究は、これまでと同じ歩み方で未来へと進んでいては社会契約を全うすることができず、新たな地平へ到達することもできないのか。サイエンスライターPhilip Ballが、現在の科学システムに至るまでの150年間を振り返り、論じる。

Top of page ⤴

News & Views

脳内でのニコチンに対する反応と膵臓での糖代謝をつなぐシグナル伝達経路が発見された。これは、喫煙により糖尿病発症リスクが高まる理由を解明する手掛かりとなる。

神経系から発せられる信号は強力な寿命調節因子である。今回、全体的な神経興奮も寿命の重要な決定要因であるらしいことが明らかになった。

細胞では、ヒストンタンパク質の化学的修飾により、遺伝子発現の一部が調節される。今回、乳酸分子に由来するラクチル化が発見され、細胞で遺伝子発現と栄養の代謝を結び付ける経路が明らかになった。

Top of page ⤴

News Scan

Top of page ⤴

Highlights

Top of page ⤴