News

小惑星の内部を探った「はやぶさ2」

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190908

原文:Nature (2019-07-10) | doi: 10.1038/d41586-019-02136-z | Japanese spacecraft probes asteroid’s guts for first time

Davide Castelvecchi

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星リュウグウの地下の物質を採取するためのタッチダウンを行った。

小惑星「リュウグウ」に向かって降下する「はやぶさ2」が撮影した写真。

JAXA

日本の小惑星探査ミッション「はやぶさ2」が、宇宙での一連の探査活動における最後の大仕事を成し遂げた。探査機は小惑星リュウグウに向かって降下し、日本時間の2019年7月11日午前10時18分、この年2回目のタッチダウン(接地)を行った。同年4月に小惑星の表面に衝突体を打ち込んで作っておいた人工クレーターから試料を採取するためだ。採取がうまくいけば(ミッションチームがミッションの成否を確認できるのはしばらく先のことになる)、史上初めて小惑星の地下から試料を採取できたことになる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度